QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
げん
げん
山形県鶴岡市生まれ。
札幌、東京と移り住み、放浪の旅をへて
東北回帰~ 奥羽越(えみしの国)を拠点
に危なっかしくも面白く生きます。

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by んだ!ブログ運営事務局 at

2011年06月27日

仙臺 カフェ 本日の議題 2


先日の「脱原発デモ行進」について 

「とにかく、第一段階として、‘デモ’をやり遂げた事はよかった
でしょう。けど、こうした集会で『原発いらない』『即全廃』とい
ったところで、どうにもならないという事は誰もがわかっている
でしょうね。東京・新宿における空前のデモがどれほど大規模
だったとしてもです」

「そもそも、俺らは誰に対して叫んでいたのか?もちろん、
いまだに原発推進の姿勢でいる人々 一般の 動かない
人々に対してだと思うのだけど、それならば一方的に、
『やめろ』『いらない』と投げていても受け入れられない訳で。」

「そう 推進派は必ず
『原発を止めるなら代替案を示せ さもなくば電気使うな』
 と言ってきます。そういう人たちに言わねばならないのは
『とにかく、原発をできるだけ早く、全て停めてみてください』
 という一言なんです これは、お願い 提案ですね
 つまり、原発がどれほど危険なものかという事はよくわか
 ったから、『原発やめろ』と皆言えるのですが、反面
 原発が全てなくなったら、どれほど不便なのかは誰にも
 わからない。だったら、実際に経験させてみてくれ、という
 事です。」

「なるほどね 先の震災では、全く電気が使えなくなったけど
 『この状況だから、しょうがないな ガマンしなくちゃな』
 という気持ちで乗り切れた。
 原発がなくなってそのぶん電気がなくなって、
 『すごい不便だな やっぱり原発、必要だな
  推進派のみなさん ごめんなさい』
 と思うのか、
 『このくらいなら何とかガマンできるよな』
 と思うのか という事だな。
 映画とか、電気を大量に使う芸術は滅びたり
 宇宙開発は衰退して火星どころか月にすらもう行けなく
 なるかも知れないけど、いいや と皆思えるか だな」

「あれ、でも映画って、原発のない時代のほうが面白かった
 んじゃないかと思うんですけどね・・・
 宇宙開発がどうなるかはわからんけど、資源にしろ何にし
 ろ、ハングリーなほうがいいと思うんですよ。
 限られた中で、どれだけの事ができるか
 原発って、安定した電気の供給が目的でしょう?安定志向
 ですよね。現さん、いつも言うじゃない 安定した職について
 たら芸術が死んでしまうんだ、とか 笑」

「そうだね 安定を謳うものほど、実は危険なものはないよ 爆
 仲間にも電力関係の人が多いのだけど、みんな別に原発が
 好きで電気をやってる訳じゃないんだと思う。誰もが、幸せな
 皆の生活を願って、電気を作ってる 尊い仕事だと思うよ。
 『とにかく一度全部停めてみてください』コールは、いいアイデ
 ィアだと思うがな・・・『わたくしどもは耐えます』宣言だね」

「いや、結局 原発なくても大丈夫だって事がわかっちゃうんで、
 推進派も電力も、停めようとはしないですよ。いろいろ面倒な
 事が絡んでますよ、原発は。
 デモですけど、彼らに対する訴え じゃない可能性もあるでしょ。
 自分たちの力で、強制的に停める事もあるぞ、と。」

「ああ、もちろん、その権利は充分すぎるほど国民は持ってる
 だろうけどね・・・今回は ほら 東京の電力のために、東北
 が犠牲になった っていうマイナスの構図があまりにも露骨
 に露わになった訳で 古代からの中央と東北の関係図式が
 あらためて目を覚ましたというか 原発を停めることと、東北
 を独立させること これは無関係ではあり得ないんじゃない
 かと・・・」

「現さん、『えみし』が入ってきたところで 今日はこのへんに
 しときましょうか」

「・・・思う次第なんであります どんとはれ」  


Posted by げん at 14:40Comments(2)

2011年06月27日

仙臺 カフェ 本日の議題 1


「カフェを出た後は、入る前より4倍 アタマが良くなっている」

むかし、フランス・パリのカフェに入り浸っていた政治思想家・
モンテスキューが残したという言葉
パリの「カフェ」は政治家・芸術家・学生のほかあらゆる人々
が昼から晩まで出入りして議論を交わし見識を高めあった。
いわば、大学いらず である。

日本の「喫茶店」近年になってまさに「カフェ」の名で飾られる
ようになった場所には、元来このような伝統がない。
基本的に、休息しお茶やケーキをいただく洒落た空間 である
しかし、意識してかせずしてか パリのカフェよろしく人々が集い
議論し まちの何かを変えていく原動力となる可能性を秘めた
そんな店も存在する。

わたしが通う 仙台の繁華街はずれにある店もそんな場所。
4倍とまではいかないが、1,5倍くらいはアタマよくなって出て
いけるんではないかと思っている 笑
よく、有閑貴族というか、富裕層のサロンのようになっている
カフェもあるが、ここはいい意味で 奇人変人の溜まり場である
日々、「部長」や「ハットリ君」そして「奥羽越現像」といった
学歴も金も地位も、時には仕事さえない(爆)ようなおかしな面々
が、とりとめもなく話題を展開していく。
震災後は特に、議論も熱を帯びて真剣さを増す場面が増えた
・・・ような気がしないでもない?

「彼は仙台にくすぶってるような器ではなかったですよ」
部長のそんな一言から、今日も小さな議論に火がついた

「仙台とは、‘くすぶる’しかない場所なのかね?」
つまり、何か夢がある 才能がある人材は、東京かどこかへ
さっさと出て行ってしまって当然 という昔ながらの流れ
確かに、仙台には保守的で、新しい試みを押さえつけようとする
悪しき風習が残る とよく聞く。だが、いつまでもそれでいいのか?
(一度は外へ出て世界を知る というのは重要だが)

わたしは東北へ、「映画を作るために」帰ってきた。 むしろ
「東京で映画を作る」という事が当たり前すぎて、つまらなか
ったからだ 
まさに仙台出身で、東京で成功した映画人のひとりとして、
岩井俊二さんの名前が出る。しかし、地元人・部長は言う
「彼って、本当に成功したと言えるんでしょうか?」

一見、極めてスタイリッシュでユートピア的な世界の見事な構築
しかし東京からいきなり北海道へ舞台が飛んだりする事からも
わかる、明らかな東北忌避傾向 
そして底辺の人々や普通の少年少女を描くようで、なぜか必ず
芸能界のスカウトとかデビューとかの話になる 成功願望?

結局、彼は優れた才能を駆使しながらも「田舎者」を露呈した
にすぎないのではないか?
それは仙台人を象徴するようでもあり、東北を拒否し続ける
「中央での成功者」の限界のようにも思える。
むしろ、近年活躍がめざましい俳優・松山ケンイチさんのほうが
出身地の青森訛りを隠さず、逆に田舎者を感じさせない
(関係ないでしょうが、奥さんの小雪さんも何気に東北ルーツ

さて では現さん あなたはここでどういう映画をやるつもりなん
ですか? 映画がダメだとわかったら、どうするんですか?

とにかく、わたしも限界まで行きます ここでやれるところの。



  


Posted by げん at 13:32Comments(0)えみし普通の日記

2011年06月26日

奥羽越の首都


6月26日(日)

平泉が「世界遺産」に認定されたという。
世界遺産、の肩書き自体はともかく
いままで平泉が国内・海外ともに正当に評価されてこなかった
それが問題だと思っていたから、素直に、祝いたい。

しかし、ご存知だろうか 不思議なことだが、平泉周辺は
より南の仙台市周辺よりも放射能汚染を強く受けている。
原発爆発の当時、仙台は西の山脈からの風に守られて
距離の近さにしては奇跡的なほど強い汚染から免れた。
平泉はかつてほぼ全体を統治下に置いた東北における
空前の大災害とひきかえのようにして、今回の栄誉を得た
複雑な想いである。

平泉は、東北人にとっての古都。こころの中の「首都」である
なんちゃって・・・そんな風に認識する人は少ないだろうな
でも、本来はそうであるべき場所なのだ
東北が、ひとつになった唯一の時代の中心都市。
東北人自身で、東北人に合った政治をすすめた都市。
藤原清衡が、戦死者敵味方差別なく 草木や虫に至るまで
供養し 本当の平和のために0から作り出した都市。 

ここに光が当てられる事が、東北の再生の何らかの力になれ
ばいいのだが と思う。

  


Posted by げん at 23:07Comments(0)えみし普通の日記

2011年06月26日

東京脱出!の思ひ出


決して、今回の原発事故で東京を脱出して西日本へ逃げる
話ではない
東京に住んでいた頃の後半の時代 30歳過ぎて旅ばかりし
ていた頃の話だ

しかし、原発と無関係の話でもない。
つまり、東京を脱出して北へオートバイを走らせて、快適に
北上していった福島県海側の国道・6号線が、今はもう
そしておそらくこれからも、もう通れないという事である。

東京を脱出するのは、大変だ。
東京23区内・杉並区高円寺から出発して青梅街道を真東へ
走り、秋葉原を越えた頃から北上した2003年頃までも大変
だったが、東京都下・はるか西の小平市から出発して、さらに
長い長い距離の青梅街道をひた走った2004年からの3年間
も大変だった。
なにしろ、時間がかかる。上野あたりまで来るのに1時間かか
るし、「東京都」を出たあとも関東平野はえんえんと街並が続き
果てる事がない。結局、街が切れるのに3時間はかかる。

とはいえ、キライではなかった。
東京都をJR中央線と同じく、ほぼ東西に貫く青梅街道は、
オートバイで走るのが楽しい、変化に富む大好きな道路だっ
たし 早朝に出発して、朝の陽射しを受ける頃の新宿のまち
を通過するとき いつも騒がしいこの大都市にふしぎな愛着を
感じて、「さらば!しばしの別れだ」と叫びたくなるのだ。

さて、果てしなく続く関東平野をひたすら、国道6号で北上すると
徐々に広大な田園風景に変わる。茨城県の港街・大洗は美しい
歓楽地で、ここから北海道行きの船「さんふらわあ」に乗る事も
あるが、たいていはまだまだ北へ走る。

わが国・東北への入口は、日本海側の鼠ヶ関・内陸の白河関・
太平洋側の勿来(なこそ)関の3つ。これは古代から変わらない。
茨城と福島の県境は、カブにはちょっと険しすぎる荒っぽい道路
であるが、ここを越えて いわき市から海のほうへ出ると、砂浜
に面してにぎやかなキャンプ場があって、ここでテントをはる。
翌日出発して、ひたすら北上する福島県海側の道路は 東北
らしくない、暖かでリゾートっぽい風を感じさせ 東北の旅をのどか
に始めさせてくれる。

国道からは、第二 そして第一の、原子力発電所も見えていたの
だろうか わたしは一度も、意識した事がなかった。
相馬 ここは有名な「野馬追い」がある しかしわたしはついぞ観
た事がない これからも、観る日は来るのだろうか

東北に着いて最初の大河・阿武隈川を渡る これでいよいよ、わが
本来のフィールド「中東北」に入る事になる。

この、オートバイで北上、の旅は仙台移住以来4年間ごぶさたで
ある。東京を脱出したぞ!という開放感 東北へ帰ってきたぞ!
という達成感 それは残念ながら?今は味わえなくなった感動
かもしれない。しかし、それは過ぎ去った時代なのだ。

仙台に移住した際にも、走り抜けてきた国道6号 いまはもう
閉ざされてしまった。残る国道4号ほかのみちも、オートバイ
とくにカブなどで旅をするにはためらいを感じるだろう。
東北人はみな、ふるさとを失ったのだ。
いまは一部だという人でも、国 中央はいつでもわれわれから
ふるさと全部を そして全てを奪って平然とする事だろう。  


Posted by げん at 22:15Comments(0)えみし旅を想う

2011年06月20日

青錆丸


6月は混沌の国  いろいろな事が起きている 
わたしもひとつひとつしっかりやっているつもり
だが、なにかシャキッとやりきれてない感じ
これからの夏の展望もあり 気力を取り戻したいところ 




6月のはじめ セッションがあった
岩手からTRAD夫妻にTakumiさん、東京からモハーさんが
お出で というので仕事をいいかげんきりあげて(おいおい)
Barm'sへ南下 1時間ほど遅れだったか、到着 
すでにセッションいい感じ 震災後初の再会であるモハーさ
んにごあいさつ で楽器を取り出しに行こうとするが

「おいおい ぜったい気づいてないよ・・・(汗 」

という女性陣の声が・・・・え なにに?
あらためて演奏者一同を見回してみる と



あら      さるさん             



失神   爆  いえ 何とか持ちこたえました

いわゆるあれです われわれの祖先「えみし」が
得意とした戦法 『奇襲』 です 笑
彼女も一級えみしに認定でござるな(偉そう

即ちこれは皆に愛されていて、常に会いたいと思われて
いるがまず会えないと諦められている人でなければ不可能
・・・という きわめて難易度の高い襲撃作戦でござる
すべての「えみし」に可能な戦法ではないのでござるよ

この、可愛らしい顔をして実は策士だった(爆)さるさん
Hirokoさんとの共演ですばらしいハープを聴かせてくれる
東京へ戻ってしまった事は寂しかったが、こうして奇襲され
たり、こちらも東京へ行く楽しみが増えたり ブログで交流
できたりと(笑 いいことも多々あるのですよ
そういえばHirokoさん、ついに自らのハープを入手していた
のだ(祝)震災後だから という訳ではないけど、何となく
仙台人たちに覚悟、というか「やるならやらねば」といった
前向きな気迫を感じる事がある。

モハーさんのフィドル ますますパワーアップしていた
相変わらず、奥羽越現像の受信針を雷撃する曲 連発!
とてもマネはできないが自分の世界に周囲を取り込んで
しまう人柄と音楽性は柔軟にして圧倒的。やはり憧れです

この夜はせいどうさんやあっちさんがいなかったが、それでも
かなり店内は顔ぶれ満載で、とても全員と話をする余裕なし
ほとんど「どうも~」「じゃあまた~」だけで終わった人も 笑
このたび結婚で九州に移住になった、まだ新メンバーである
Yっ子さんとも全然話せず まあ、皆でお祝いできて良かった
ですが 九州はいい国です お体にはお気をつけて!

・・・で、タイトルは何なの?ですが
今回、実はすべて写真はフィルムで撮影してしまい、しかも
モノクロだったので仕上がりに数週間かかってしまうという・・
なので、この4つのフィドルの写真は、いつだったかの、セッシ
ョンの時のものです
たぶん あっちさん、あべさん、ゆみさん そして奥羽越現像の、
フィドル勢ぞろいです。左から2番目のが、たぶん青錆丸です
ええ、つまりわたしの楽器の名前です(爆
かつて、ほとんど弾かなくて弦に青さびが浮いたままになって
いた時代があった その戒めのためにもこの命名なのです
そんな目にあったフィドル、なかなかないでしょうから
すまんな 青錆丸よ 今後ともなんとか宜しく。









  


Posted by げん at 07:42Comments(2)

2011年06月15日

6月11日(土)





13時まで仕事。錦町公園に着いたのは14:30頃。
人は数十人ばかり、集まっているがひらひらした衣を
振りかざして踊るダンサーなどいたり何しているのか
わからない状態。しかしそれでも居合わせた人々は
旗やプラカードに「原発いらぬ」「全廃」「やめろ」と思い
思いに書いて掲げている
情報をくれたトシさんがメールをくれて、合流。
「どうなのかね 仙台で本当に大きな動きが作れるか」
とふたりで様子を見守っている

どうも、主催者側ともども同じような心持だったのか、
行進開始当初は何だか弱腰な感じだったのだが公園
を出てからぞくぞくと参加者が増え、定禅寺通りに至っ
てはおそらく100メートル越え、300人以上のちょっとした
大行列となった。
「バグパイプがあったら、最強なのだけど」
トシさんも同意。われわれのすぐ後ろ、ギターをかき鳴らし

「原発は いらねえ~♪!!とんでもねえ~~♪!!」

と歌う若者たちがいる。トシさんもわたしも、歳のせいなの
か、仕事で気力を奪われているのか、なかなか思い切っ
た事ができない感じ。せいぜい、「原発 はんた~い」の
音頭に応えて繰り返し叫ぶくらいだ。ケヤキ並木伐採の時
は単身パフォーマンスでまさに芸術は爆発だったのに(爆

確かに、先月の東京・高円寺における1万人デモなどに
比べたら、吹けば飛ぶよな規模の、オリジナリティも今ひと
つな行進だったかもしれない しかし、

「とにかく デモ は、やり遂げたぞ・・!」

という、仙台の閑静な街並には似合わぬ‘荒行’を実現した
満足感はあったように思う。
なにしろ、この日は北海道から九州まで全国150箇所 に
加えて海外でも一斉にデモ行進がなされる。さしものおとな
しい仙台市民も、ここが最も事故原発に近く汚染の危機に
さらされた100万人都市である事で、黙っていられなくなった
のだろう いや、そうでなければおかしい訳だが。

それにしても、あの定禅寺通り6月はじめの、まだすがすが
しい緑のトンネルの中をデモ行進が進む、すこぶる圧巻な
光景ではないか。
どこかのオヤジさんが、
「お前ら電気は使わんのか?電気はいらんのか?」
と、定番かつ的外れな批判を、行列に吹っかけてくる。
(ケヤキ伐採反対を叫んだ時も、近所のオヤジさんが来て
 「お前落葉のそうじがどんなに大変か知ってるのか?」
 と吹っかけてきたのを思い出す)

正味1時間ほどか、市内中心部ぐるりと周って、公園に戻り
デモ行進は終息した。
トシさん「定期的にやったほうがいいんじゃないか」
確かに。仙台人たちは、本当は大都市の、中央の連中と
同じように、ハデにぶちかましたいと思っている。
しかし、なかなか難しい。今日のだけでも、やっとだろう。
この日同時に東京・新宿では凄まじい大群衆が道路を覆い
空前の巨大デモが夜遅くまで続いたという。放っといても誰
かがとんでもない事をやってくれる東京とは、ちがう。
自分から、思いついたら動かなければならない。
逆に、動けば必ずすぐ形になるのが、地方都市の面白いとこ
ろだが。
(リリアンは、今日もどこかのデモに参加したのだろうか)

ネット上では、高名な先生らしき人物が
「原発が停まれば、一番困るのはこうしたデモ行列でがなり
 立てているプータロー連中だ」
と一笑に伏している。どうも、雇用に関する話のようだが。
そう、おそらくこうしたイベントで最も元気なのは、仕事がなく
気力体力を持て余したフリーター達ではあるだろう。げんに、
ケヤキ並木伐採でパフォーマンスしたわたしも、当時無職だった

実は、わたしが一緒に音楽をさせてもらっているアイルランド音楽
の仲間たちの多くが電力関係者であり、トシさんも決して無関係
ではない事業に携わっている。だから根が風来坊のわたしなどと
違って、トシさんにとっては立場上やりにくいところもあるはずなの
だ。しかし「自分の考えは表明するべきだと思った」とトシさんは
言う デモで声をあげ、戦うのはプータローばかりではない。
あと、フリーターと思ってあなどるな とも言っておきたい。

現在、仙台周辺の放射線量は、低いと言われているが公表され
ている線量の値は、地上から80メートルも高い位置で計測された
もので、これではあまり意味がない、という指摘がある。
市内のある飲食店で個人的に計った値があるサイトに紹介され
ており、皮肉にも数少ない信頼できる情報筋は、一般庶民である。

今後、福島原発の放射能漏れが止まらなければ、日本人は
最後の一匹まで駆り出され、地獄の現場作業でズタボロになる
まで戦わねばならない。

  


Posted by げん at 23:57Comments(3)えみし普通の日記

2011年06月06日

Celt-Emish 夏の兆し


6月2日(木)
 珍しい木曜の休日。久々に『ナマイキTV』を観たら(笑
 岩手佳代子さんが被災後の県内の観光地を訪ねており
 その中に、石巻のサン・ファン・バウティスタ号も・・・
 



 船の周囲を囲うようにあった資料館は大きな被害を受け、
 史料など多くが消失したそうだが、あの偉大な復元船は
 一部の破損があったのみで、見事に津波を乗り切ってい
 た。丸みを帯びた船体が大波に強かった、という話もあっ
 たが 感激した佳代子さん
 「未知の世界に漕ぎ出していった船ですからね・・・
  必ずや、苦難を乗り越える東北のシンボルになります」

さて、仙台中心部にも久々、漕ぎ出す(こちらは自転車ね
銀行、郵便局、書店、と雑用をこなし、YAMAHA楽器店を
目指すと、アーケードでは「マルシェ ジャポン」なる食材の
洋風屋外販売?そしてYAMAHA前ではバイオリンとピアノ
の小さなコンサートが・・・
わたしはフィドルの弦を買いに。今までE線を何やら新型?
の複合弦にしてみていたのだが、どうも音が良すぎるのか?
細すぎるのか?音が割れるので普通のスチール弦に戻した。

われらCelt-Emish(東北ケルト勢 笑)の出来事もなかなか
活発。5月下旬のBarm'sの集いでは、あっちさん(Fiddle)より
マーティン・ヘイズからわれわれ(!!)へ向けた直筆のメッセ
ージが紹介され それをトシさんがその場で訳して読み上げた
その後、訳文を執筆するトシさん




マーティン・ヘイズはアイルランドのフィドルの名手 というか
巨匠 今回震災後にもかかわらずキャンセルせず来日ツアー
公演を相棒デニス・カヒルとともに決めてくれた。
札幌公演での実行委員がわれわれと交流のある在札の音楽家
Hard to Findの方々であり、宮城・東北の人々 そして音楽の
同志たちに向けた心遣いに、その場は感激で満たされたのだった
その訳文、ここにも紹介したかったが、先日のBarm'sで写し忘
れてきちゃった(苦笑

その先日のBarm'sについては、次項にて 

  


Posted by げん at 09:56Comments(4)えみし普通の日記