QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
げん
げん
山形県鶴岡市生まれ。
札幌、東京と移り住み、放浪の旅をへて
東北回帰~ 奥羽越(えみしの国)を拠点
に危なっかしくも面白く生きます。

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by んだ!ブログ運営事務局 at

2012年06月03日

「六魂祭」と東北の未来について 3


実は、その東北関連のタブロイド紙の創刊者となる砂越さん
も、この六魂祭を「取材」するため盛岡に来ているという。
彼の場合は取材許可を得た上でのプロの取材だが、わたしの
方はあくまでいつもの祭見物にすぎない・・・しかし見て考
えた事ぐらいは書いていこう。

朝、盛岡市民の愛してやまない「福田パン」で`生姜焼きパ
ン’そして`かぼちゃクリームパン’をオーダーし、町を流
れる北上川沿いの樹々の下でいただく・・・かぼちゃクリー
ムとは、おなじみTRAD♀さんが「食べたよ〜」とメールく
れた、福田パンの新作である 爆 そんなレポートはいい・・
しかし、確かに美味かった!福田パンは盛岡旅から外せない
(それにしてもだ・・この川沿いの大樹の下の、根の部分に
 女の人が腰掛けてたりする まるで指輪物語の世界だ)

大勢の人が集まるイベントにおいて、盛岡の強みは盛岡城跡、
現在の城址公園という 最強のロケーションが存在する事だ。
仙台の場合、城跡は町から離れているし、町なかの公園の面
積も小さい。理想の都市の条件として、実は盛岡は仙台より
優れている部分が多いかも知れないのだ。
午前10時。ここ城址公園にて、「開会式」始まる。

おなじみの青森ねぶた、そして実は同じ山形県でも庄内人に
は馴染みの薄い花笠踊りだが、これらがあの盛岡の町に展開
されるという不思議さ・・・そしてこれらと「さんさ踊り」
が同じ舞台で繰り広げられる、という夢のような光景がそこ
にあった。しかし、それら愛すべき芸能たちを凌駕する勢い
なのが、なにげに今回がほとんど初めて見る、秋田の竿燈で
あった。これは少人数 というかひとりひとりの「荒業」が
命の芸能という事もあって、スター性があって観衆の集中力
も高まるのだ。
それと是非とも言及しておきたいのが、宮城の「七夕祭」で
参加した「すずめ踊り」である。実は一週間前に仙台の「青
葉祭」で感動したばかりだった。仙台の芸能は大した事がな
い、ような事を言う人がいるが、とんでもないと思う。
扇子の使い方、太鼓のリズム、お隣岩手の芸術センスにひけ
をとっていない。(七夕でどうしてすずめなんだ、などと
野暮なツッコミはよして下さい)
あと残る福島のわらじ祭だが・・大わらじは良かったのだけ
ど、あとに続く踊りが うぬぬ
わたしは近年全国に広がってるらしい「よさこい」的な流れ
がどうも苦手なのです。

「中央通り」での大パレード、も人はものすごく多いのに、
仙台であったような混乱は感じられない。どこか落ち着いて
いて、見晴らしも決して悪くない。これもさすが盛岡である。
  


Posted by げん at 03:07Comments(0)えみしの国

2012年06月01日

「六魂祭」と東北の未来について 2


昨年末から、ネット上で意見交換していた「東北好き」
4人が集まって議論する『とにかく東北を語る会(仮)』
を始めたのだけど、そこで言われていたのが

「政治的に東北がひとつになるのは困難だが、
 民間レベルでは既にそういう意識は進んでいる」

という事。この六魂祭も、その表れ と見られる。
しかし、「東北がひとつになる」とはどういう事なのか。

歴史的にみれば12世紀の平泉藤原氏の時代
そして「幕末」奥羽越列藩同盟の時代
史上の大きな転換期に、東北は行政的に「中央」からの
離脱、自立を求めて実際に動き、戦ってきた。
東北とは、歴史的に「ひとつにまとまる」可能性を秘めた
日本でも独特の土地柄なのである。決して、九州でも四国
でも、関東でもそのような事はなかったのだ。

時代は再び、そのような転換期に来た とわたしたちは語
っている。決して、仲間内だけの妄想ではない と確信し
ているのである。
しかし、人々が望まぬ「中央からの離脱・自立」はあくま
でも、妄想である。一体、東北にこれから必要な「自立」
とは、どのような形であるべきなのか。どうすれば、これ
から東北で生きていく人々のためになるのだろうか。

まず言いたいのは、「東北だけの自立」ではない という
事だ。東北は、他地方を拒絶する訳ではない。むしろ、
自立した連合体の一員同士として日本を形成していく仲間
である。よって、東北は自立に向かって動きながらも、
九州や四国にもそれぞれの自立、新編成を促していくのだ。

本当の連携とは、それぞれの「自我」を確立してはじめて
成り立つものだ。
それはわたしが音楽を続けるうえでも実感してきた事で、
まず自分がやりたい事を理屈抜きでやり続ける事が大事。
そしてはじめて、他の演奏者とのぶつかり合いが生まれ、
本当の畏敬、尊敬の念が生まれる。
今まで、地方は中央のいいなりで、ただ指示を待ち、流れ
てくるものを待っていた。そして奪われるまま奪われてい
た。個、自我を失い 結局、他地方との連携などという事
も考えられなくなってしまったのだ。

わたしは創刊されるタブロイド紙に、スコットランドと東
北の比較論のようなものを書かせていただいた。
イギリス(大英帝国)もまた征服した「地方」を搾取して
きたが、スコットランド、ウェールズは近年独自の「議会」
を復活させて、今まで「中央」に奪われていた行政の権限
の多くを取り戻している。いわば、東北の中に独自の「国
会」を持つようなものだ。完全独立ではないが、これは今
後の日本の各地方の道筋への大きなヒント、道標になるの
ではないか わたしはそう思ってきたのである。

大きな障害、壁はたちはだかるだろう。
これを読んで、あなたはわたしを批判する その一言一言
が、その障害であり、壁である。
わたしたちの『とにかく東北を語る会(仮)』はしかし、
そういうあなたの参加を、待っているのだ。

それはさておき、祭である 笑

  


Posted by げん at 11:41Comments(2)えみしの国

2012年06月01日

「六魂祭」と東北の未来について 1


漫画に感心している場合ではなかった・・・
今回、バルⅡで一日がかりの岩手盛岡旅
それにはそれなりの理由があるのだ。

「東北六魂祭」は昨年初めて、仙台で行われた。
青森のねぶた、秋田の竿燈、岩手のさんさ踊り、
山形の花笠踊り、宮城の七夕、福島のわらじ祭り
東北六県を代表する「夏祭」をひとつの町で一挙
に行なってしまおうという、思いがけない驚きの
企画だった。これが始まったきっかけは、言うま
でもなく昨年3月の大災害である。それにしても、
災害は主に東北の太平洋側で、関東東部にも及ん
で必ずしも「東北」にくくられるものではない、
という見方もある。にもかかわらず、あえて
「東北をひとつに」
という主旨の、こうした大企画が組まれた。

もちろん、わたしのブログをある程度読まれてい
る方(いらっしゃるのかな)はわかるかも知れな
いけれど、わたしなどは震災のはるか以前から
「東北をひとつに」と考えていて、その想いは震
災で更に強まった。だが、それはあくまでわたし
のようなある意味変人のマニアック趣向の夢想か
とも自覚しているようなところがあったのだ。

ところが、そうではなかったようだ。
今回の災害を、「日本の」ではなくまず「東北の」
問題として捉える人間が、少なからず存在している
 わたしはその可能性に、打たれたのである。

なにしろ前例のない事である。おそらく、北海道で
も、関西でも、四国でも、九州でも、同じように
各地の祭を集めたとしてもこれほど盛り上がるまい。
それほどに、東北の祭は各地ものすごいのである。
仙台は東北一、などと言っているが とても東北の
力を全て収容できるような「器」ではない。
逆にいえば、東北とは「首都」に全て取り込まれる
ような性質の土地ではなく、都会>田舎という中央
の図式が当てはまらない世界なのである。
結果、仙台の町は「六魂祭」の未知のパワーによっ
て大混乱に陥った。

そして今年は、岩手・盛岡市で第2回の開催だという。
盛岡は、わたしにとって15年来の特別な思い入れの
ある町。東京からの「東北回帰」を実行する際に最後
まで迷った移住候補地である。
さて、盛岡では どうか?
これは行かずにはいられなかった訳である。
  


Posted by げん at 03:09Comments(0)えみしの国