QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
げん
げん
山形県鶴岡市生まれ。
札幌、東京と移り住み、放浪の旅をへて
東北回帰~ 奥羽越(えみしの国)を拠点
に危なっかしくも面白く生きます。

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by んだ!ブログ運営事務局 at

2013年11月16日

今月号に寄せまして





東北についての新聞、今月号が出ました。
http://tohoku-fukko.jp/
わたしの今月の挿絵は、厚樫山から福島盆地の
10万人の源頼朝軍を見渡す藤原国衡さんです。
(実際の新聞の絵と若干違うと思います・・)

しかし今月号はメインの執筆者2名が熱く筆を執った
楽天日本一に関する記事が何といっても白眉でしょう。

野球にほとんど関心を示してこなかったわたしも、
今回ばかりは事の成り行きに熱中し、自分でも可笑しい
くらいでした。同士たちの筆は今回の事、書きたくて書き
たくて仕方なかったという感じがほとばしっていて、読む
方も熱くなります。

もちろん、わたしもこの件について書きたいのですが、
ノートの日記にだけ書くに留めました。
わたしが特に言いたいのは、巷で今回の楽天優勝と、
東京オリンピック招致成功を重ねて、今年を
「日本スポーツの当たり年」
のようにいう人が多いのですが、この二つは「地方と中央
の関係を象徴する」意味において全く相反する関係といっ
ていい間柄であるように思える、という事です。
「東京は福島から遠いから大丈夫だ」
という招致陣の言葉でもわかるように、
「東京から日本を元気に」
などというのは本当に戯言です。地方は、地方自身の力で
元気になっていくより他はない。その事は皆わかっているし
それを象徴したのが、楽天日本一だったと思うのです。
もちろん、東京もその地方のひとつであり、元気になるべき
だと思います。しかし、そのための更なる地方からの吸い上
げは許されない。今回の東京オリンピックは、地方と中央の
関係を大変革する、いい機会にすべきだと思っています。

おっと 熱くなりすぎたわぃ

  


Posted by げん at 14:45Comments(0)えみし普通の日記

2013年11月13日

許されざる者


実はわたし、イーストウッドのオリジナル
『許されざる者』はあまり好きではない。
なのに、何故今回その日本版リメイクを観に
行ったのかというと、どうしても気になる点
があったからだ。それは、明治時代の北海道
が舞台で、アイヌ民族についてかなり突っ込
んだ描写が為されているらしい、という事で
ある。公開前に書店に文庫の小説版が出てい
たので、少し目を通したら、思いの外しっか
りした描きこみが見られた。

さて、実際観てみたら、3年ぶりに観た実写
映画だった事もあってそれだけで感激したが
(笑)これが意外な程、オリジナルより良か
った。
ネット上のシネマレビューなんか見ると、や
はり酷評が多くて、
「この映画が良かったと思った人は、オリジ
ナルを何度も観直す必要がある」
なんて書いてる人もいた。まあ、映画の事が
さぞわかってるんだろうなあ と思うけれど、
わたしは結局難しい事よりは、直感で判断し
てしまうのだ。

実はわたしは、黒澤明の時代劇『用心棒』よ
り、イタリアでリメイクされた西部劇版『荒
野の用心棒』の方がずっと好きだ。こちらも、
リメイクは盗作だ、単なる暴力映画だ、と酷
評が多いのだが・・この『荒野の用心棒』、
実はイーストウッドの初主演で、彼の出世作
である。つまり、黒澤明なくしてイーストウ
ッドはなかったかも知れないのだ。
ところが、今回わたしはそのイーストウッド
の作った映画より、今度は日本が逆にリメイ
クした方が良かった、と言い放つのだ(爆)

何故、今回わたしはオリジナルよりリメイク
を評価したか?
一言でいうと、オリジナルでイーストウッド
が描こうとした様々な要素が、今回あらため
て「しっくりきた」感じがしたという事だ。

オリジナルでは、イーストウッドが主演のみ
ならず監督も担っている。よく知られている
ように、監督・主演が彼の映画製作の基本だ。
しかし『アウトロー』でも思ったのだが、田
舎にひっこんで子供を育てながら畑を耕す、
という姿がどうしても違和感ある、よくも悪
くもかっこ良過ぎる戯画的ヒーロー、それが
わたしにとってのイーストウッドだった。
その同じ役柄を、今回渡辺謙が演じたことで、
ぐっと人間くさくなり、説得力を持って本来
描かれるべきイメージに近づいた気がしたの
である。
イーストウッドはちょっとクセのある脚本や
演出が身上で、『許されざる者』でも超近眼
の拳銃撃ちとか、勇者の伝記ネタを追いかけ
る小説家とか、普通の西部劇には出てこない
ようなものが登場して「?」と思ってしまう
事がある。面白いアイディアだと思うけど、
何だか作品上にしっくりこないのだ。これが、
今回のリメイクで北海道版になったら、見事
しっくりきた。つまり、イーストウッドは日
本的なセンスの持ち主という事なんだろうか?

そして、アイヌ関連なのだが、これは監督が
『フラガール』で知られる李相日(イ サン
イル)で、弱者やマイノリティをしっかり描
こうという姿勢が強く感じられた。
アイヌ語が初めて自然に話された映画ではな
いかと思われ、また描写も声高でなく、これ
見よがしでなく、押し付けがましくなく、ど
こまでもナチュラルである処に高いセンスを
感じ、好感が持てた。

冒頭、佐藤浩一がアイヌのイオマンテ(熊送
り)に関して率直な感想を述べるのだが、こ
れはアイヌ文化への無理解、誤解を表すもの
で、そこんところのフォローはなかった・・
しかしこれは仕方ないかな。
あと、物語の発端となるイタイ暴力事件があ
るのだが、これのイタイ犯人が、なぜか仙台
藩から移住してきた青年であった。まあ、ど
こにでも酷い人間はいると思うけれど、他の
登場人物が必ずしも出身が明記されない中で、
なぜこいつが仙台藩?と疑問ではあった 笑
やはり、仙台に住む身としては気になるよね。
それと、アイヌの青年が小川に小便していた
けれど、アイヌは水に神が宿るとして、水洗
トイレに抵抗を示したお婆さんもいたという
が、どうなんだろう?彼は「和人」との混血
で、しかもグレていた、という事で、納得す
るしかないか。

北海道の風景の見事さには、ただただ脱帽!
『ロード・オブ・ザ・リング』のニュージー
ランドロケにも、決して引けをとらない。
北海道のフィルムコミッションは、映画産業
を現地で育てようという高い野望(笑)を
持っている。今回もクレジットタイトルに
アイヌ協会や二風谷アイヌ博物館の協力も示
され、北海道の威信、今後の展望も踏まえて
製作に臨んだ様が伺えた。

日本映画→イーストウッド→日本映画

ハリウッドとの、という以上に、まさにイー
ストウッドとの、日本映画の60年代から50年
に渡って育まれてきた縁の賜物。それが本作
と言ってさすけねえのではないかと思う。
  


Posted by げん at 16:18Comments(0)えみし普通の日記

2013年11月09日

映画など観てみる





9月、10月と3年ぶりに映画館で映画を観ました。
かつて東京での映写技師時代には年間200本もの
ムダの多すぎる映画鑑賞生活(笑)してた頃を
思えば信じがたい映画離れ・・・それでも、ちょ
っと前『クラウド・アトラス』を見逃した時には
さすがに後悔して、「観たいものは観よう」と
あらためて思ったのでした。

9月は宮崎駿『風立ちぬ』を仙台フォーラムにて。
10月は李相日『許されざる者』をチネ・ラヴィータ
にて。
『風立ちぬ』久々の「映画体験」であるしやはり
宮崎映画は驚きの連続で、非常に感激したのである
が、日が経ってしまったので『許されざる者』の
方を今回は取り上げてみたい。

わたしの「映画原体験」ベスト3というと、
1:『スターウォーズ』1977 を小学2年の時
2:『荒野の用心棒』 1963 を中学1年の時
3:『モダンタイムス』1936 を中学3年の時

・・・と何故か成長するに従い旧い映画にハマって
しまっていた。『スターウォーズ』で映画の全てに
酔い、『荒野の用心棒』で「さすらう男」とか「旅」
に目覚め(爆)『モダンタイムス』で「映画を創る」
という事が気になり始めた、という具合だった。
さて、この中で『荒野の用心棒』なのだが、これが
今回の本題『許されざる者』に深い関わりのある作
品である。

つづく   おぃっ  


Posted by げん at 19:18Comments(0)えみし普通の日記

2013年11月06日

なんと11月であります





仙台のアーケードに、なぜか札幌のゆるキャラ
「テレビとうさん」
が登場 なにげに人気者になっていた。
札幌・大通り公園のテレビ塔がモデルな訳だが、
どうみてもスイカのお化けである 笑
女の子のためにしゃがんでいるので、ぶっとい
脚が隠れているのだが、そこがまた、萌える。

10月後半からやたらと「労働日」笑 が増え、
原稿締め切りが迫るとともに楽天勝敗の行方も
気になり、かと思うと芋煮会に誘われ・・・という
具合で慌しすぎる日々であった。

次回、もっとゆっくりしたら、3年ぶりぐらいに映画館
行って観た映画の事でも書きましょう・・・  


Posted by げん at 15:22Comments(0)えみし普通の日記