QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
げん
げん
山形県鶴岡市生まれ。
札幌、東京と移り住み、放浪の旅をへて
東北回帰~ 奥羽越(えみしの国)を拠点
に危なっかしくも面白く生きます。

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by んだ!ブログ運営事務局 at

2014年05月10日

5月10日(土)


4月~5月は大掃除の季節である。
わたしが仙台に引っ越してきたのが4月末(2007年)
だった事もある。部屋の中で動くという重労働でも発
汗が少なく、また水作業もようやく平気ででき、ガス
代もかからないからだ。

といっても、あまり根詰めると嫌になってしまうので、
2時間まででやめておく 笑
どんだけちらかってるというのか

洗濯のためコインランドリーへ出かける。
(なぜか昨夜、金もないのに9万円の洗濯機を買って
しまう夢を見た・・夢でよかった、と心底思った)
コインランドリーは、わたしが旅で仙台へ来ていた頃の
宮町・小田原の常宿に付属している。



いわゆるユースホステルだが、外観は昔ながらの旅館
である。実はこの町、明治から昭和まで東北一と言われ
た遊廓があって、この宿もその区域内にあった。建物が
当時の面影を残したものなのかはわからない。



           今はもうないが この旧式洗濯機!
            最近までここにあった。



遊廓というのは、様々な人がそれぞれの事情で暮らして
いた所で、関わった人々の多くはあまり語りたがらず、ま
た心ある人はそれを察してあれこれ尋ねにくい。

しかし、仙台移住前からここ宮町・小田原は不思議と雰囲
気のいい町と感じていた。
八百屋や韓国食材、居酒屋、沖縄そば屋など一風変わっ
た構えの店が多く、大きなスーパー・SEIYUには夜になる
とユニークな出で立ちの若者など多彩な客が闊歩する。
実はこのSEIYUの立地、遊廓の時代には「五城楼」という
名の巨大な妓楼が建っていたらしい。五城楼とは、言わず
と知れた、仙台青葉城の別名でもある。

数年前まで、『東北学』別冊に、ひとりの女性ライターがここ
小田原遊廓について取材・調査して連載していた事を最近に
なって知ったのである。
遊廓の女たちと、町の人々のつながりは密接で暖かなものが
あり、女たちは里の家族とも交流を保つ事ができた。
東京・吉原ほど過酷ではなかったようだが、それでも辛い境遇
にあった事に変わりなく、彼女たちが夏に願い事を吊るして作っ
た七夕飾りが、いまの仙台七夕の原形になったとも言われてい
る。

ここ最近、朝はダージリンばかり飲んでいたので
(かっこつけてる訳ではない・・トワイニングのティーバッグです)
久々にここの豆屋で珈琲豆を買う。
たまにドーナツなど食べると、やはり味と脂が強いな と思う。
やはり珈琲でないと、この強さを中和する事ができない・・
気がする。

さて最近は、午後出かける前にフィドルを弾くか、帰ってきた夕
方に弾くか、迷う。
感覚的には、暗くなりかけた頃に弾くのが好きなのだが、出か
けた後だと、正直何時に帰ってこれるかわからないし、夜7時以
降は、普通のアパートであるので楽器は弾かないようにしている
のだ(昼間でも弾いちゃいかんのだけど、もちろん)

もう随分、音楽面で「活動」といえる事はしていない。ジャズ・フェ
ス他、所謂ライヴ形式の演奏への参加は控えている。
わたしは音楽的語彙に乏しく、打ち合わせが必要なライヴという
形への苦手意識がある。
それでは音楽に関わる者として致命的な気もするのだが、幸い
というべきか、個人と個人が即興で音を合わせるセッションという
形が我が音楽ジャンルにはあり、それが自分に合っている、と感
じ、また喜びと感動を得る事ができるので、何とか続けていられる、
と思っている。今後、自分と音楽との関係がどうなっていくのかは、
予想がつかない。

わたしは今、書く、という作業が生活の中、多い。書く事にはかど
っている時にフィドルを弾くと、ものすごく不調に感じる。逆に、フィ
ドルが好調に弾けていると感じる時は、全く書けなくなる。これは
脳の構造が関係しているのだろうか。
何とも面倒な趣向と体質ではある。





  


Posted by げん at 19:34Comments(0)えみし普通の日記

2014年05月01日

本日のしらべもの5/1


@「日本の道100選」について
おなじみ定禅寺通を歩いていると、この道路が
100選なるものに登録されてる事を示す標識が
ある。そこで、他の99点がどんな道なのかと思
った訳 

予想では、まず定禅寺通つながりで、東京表参
道の青山通りはあるかと・・・調べると、なかった。

実はここ、定禅寺通を知ってからあらためて意識
するようになり、好きになった所だ。
同じケヤキ並木なのだが、定禅寺の樹が細身で
どこかはかなく感じられる(だからこそ、春の新緑
が力強く感動的な訳だが)のに対し、表参道の方
はより過酷な環境なのか、気候が温暖なせいか、
ぶっとく荒々しくふてぶてしい印象。道路も坂が
ついているので立体的に見えるし、周囲の建築
群もきらびやかで迫力がある。

20代後半の頃、ここに昭和の遺産ともいうべき
同潤会アパート群がある事を知り、よく通って
写真にも収めたが、のち取り壊され今は表参道
ヒルズが建っている。全く、愚かな選択を東京は
したものだ。定禅寺通のメディアテークに匹敵す
る意義深さを持つ建築を、残念ながら現在の表
参道に見出す事はできない。

閑話休題

「100選」調べると、札幌の大通り公園とかあって
これは納得(そりゃなじみ過ぎてるからな~
しかし正直「何でこの道が?」というのも多かった。
宮城県内だと、「西道路」とか「七ヶ宿街道」とか
東京だと新宿の青梅街道とか(あの、高層ビルの
谷間の道路ですね)確かに、青梅街道はCUBで
走り抜ける時は「イエーイ!」という感じだったが、
眺める分にはな~

つまりこの選定基準というのは、その道路の歴史
的意義とか、用途的な重要度とかなのかなと。

あるサイトでは、この100道路全てにA~Eランク
をつけているのだが、「好感度」でいうと「A」がほ
とんどナシ!定禅寺通ですら「C」で札幌大通や
横浜山下公園すら「B」。では「A」はあるのかと
探したら、福島県の磐梯吾妻スカイラインがようや
く「A」だった。

まあ、どうでもいい事ですよ・・・笑
仙台にも、定禅寺通同様に愛すべき大小の
道路を知っているし やはり人それぞれの心
に「道100選」はあるだろう・・って まとめるか




@また、船のはなし
ガレオン船など、帆船の操船に最低限必要な
船員は何人なのか?と気になった。
これは『ONE PIECE』というマンガ(途中まで
は読んだ)でかなり大型の帆船を5~6人で操
っていて「少なすぎじゃないか?」と思ったり、
逆に伊達藩の誇る洋式帆船「サンファンバウ
ティスタ」の乗員は180人!だったが「いくら何
でも多すぎじゃないの・・」と思ったりしたからで
ある。

大航海時代の大型帆船には大きく分けて3種
あったらしく、全長20~30mの「キャラベル」、
40~50mの「キャラック」、その発展型である
「ガレオン」で、ONE PIECEの主人公たちが
始めに乗っていたメリー号がキャラベル、コロ
ンブスの航海で有名なサンタマリア号がキャラ
ック、そして我らがサンファン号がガレオンであ
る。

コロンブスの航海ではサンタマリア号の他、2隻
のキャラベルが使われたが、サンタマリア号は
2隻の小型船にしばしば置いていかれる程に
速度が出ず、コロンブスはあまり好まなかったと
いう。実際に当時の探検家などが好んだのは
小回りがききよく風を読むキャラベルだったらし
く、ONE PIECEの主人公たちにはふさわしく、
廃船時には全船員が号泣するほど愛されたと
いうのがよくわかる。

キャラックは船首と船尾が同じくらいの高さに
跳ね上がり、いわば「しゃちほこ」のようである。
すごく大航海時代、という感じがするのだが、
ずんぐりとしていて転覆もしやすかったようだ。
これに改良を加えよりスマートに、機能的にし
たのがガレオンで、キャラベルの操作性を兼
ね備え、単独の遠洋航海にも信頼がおけた。
キャラックが商船として使われたのに対して、
ガレオンは戦艦。宇宙海賊船アルカディア号
のモデルでもありまさに海を生き抜く究極の
船だった、といえよう。

で、最低限必要な船員なんですが・・・汗
記録では20~50人というケースが多いのだ
が、大抵この場合様々な任務・目的の乗員
が多かったので、操船そのものに関わる人
数はもっと少なかったと思われる。
10数人から20数人、といったところか。やは
りONE PIECEでは少なすぎ、サンファン号
は多すぎ、だったのではないだろうか。



@富岡製糸場と「女工哀史」について
現在、NHK朝ドラ『花子とアン』にて主人公
の妹が家の貧しさ故、「女工」になり過酷な日
々を送るという設定あり で、最近富岡製糸場
跡が世界遺産登録に燃えているという報道が
あったので、このふたつが自分の中で重なり
気になっていたが・・・
現在、地元では「ここでは女工哀史はなかっ
た」として美化し宣伝する傾向があるという。
しかし実際には操業当初の官営時代は一日
8時間労働・週一や長期の休みなど好待遇で
あったが、経営が民間に変わった後、状況は
一変したらしい。製糸場は日本初の大工場労
働という日本近代化を語る上での重要な歴史
であり、よい面、わるい面両方見据えた上での
世界遺産登録ではないか・・との意見があった。


@ほかに、宮城から山形方面へ出る峠は果た
してどれが一番「自分に合っている」のか?
とか(関山・笹谷など4つも峠がある)
最近仙台に進出した大阪「餃子の王将」と
我らが東北会津の誇る「幸楽苑」はどちらが
美味いのか?(個人的に答は出ている 笑)
とか いろいろあったが


  


Posted by げん at 20:14Comments(0)えみし普通の日記