QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
げん
げん
山形県鶴岡市生まれ。
札幌、東京と移り住み、放浪の旅をへて
東北回帰~ 奥羽越(えみしの国)を拠点
に危なっかしくも面白く生きます。

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by んだ!ブログ運営事務局 at

2014年06月13日

なんと・・・梅雨だ




             毎度わたし直筆の 笑 開催告知

ずっと雨。
自転車の、ひとごのかみあやかす号は後ろタイヤ
が爆発し、なかなか修理できぬままサビが浮き始
めたので、忍びなくカバーをかける。

どうもデジタルカメラで撮った写真が、Facebook
には入るのに、ブログだと「大きすぎる」とかで
「縮小」をかけないと入らない。それも、縮めても
縮めてもなかなか入らないので、面倒くさくなって
(爆)やめてしまい、Facebookには書いた事をブログ
には全然書いてこなかった。
それで、まあ写真はいいや、と思い、日記だけでも
書き留めておこうと思う。Facebookではどうも日記
という感じがしない。
嗚呼、メカ音痴。というか、デジ音痴。


6月6日(金)
5月末の地獄のような?スケジュールは、ひとまず
過ぎた。
25日日曜、結局長引くカゼのためせっかく近場・
地元の山形で開催だった、東北六魂祭は断念。
前日夜の、Barm'sセッションも行くには行けたが、
どうも熱に浮かされたようになってメチャクチャやら
かしてしまい、ヒンシュクを買ってしまう(いつもか)。
あきらめた六魂祭の日は仙台で「東北を語る会」も
あって、楽しかったのだが、後で録音を聴くと、やっ
ぱりわたしのテンションが変に低い 笑
その翌日から4日連続で労働・・・連日夜中2時とか
3時起き。これではなかなか回復しない。
しかし金曜は何としても!とようやく、遅すぎるGW
帰省に踏み切る。

セキはまだ止まらないが、この帰省期間中の天候は
恵まれるようなので、思い切ってバルⅡで出発。
兼ねてより、小説のための調査で関心のあった、
宮城⇔山形最古の峠・笹谷峠をあらためて越えてみ
たい、と思っていた。
小説といえば、また良くない事に、原稿を書く時間が
ほとんど取れなかったため、実家にそのまま〆切を
持ち込んでしまって、本当にくつろげる帰省とは言え
なくなってしまった。
笹谷峠、登りのくねくね山道はハラハラドキドキだが、
登り切った場所はパッと開け、爽快そのもの。
やっぱり、オートバイならこの時期だなあ。

今回の帰省は、正月に体調が良くなかった親父の
様子を見るのと、あと、庄内5月の名物・孟宗汁に
ギリギリありつけるかな?という目的があった 笑
しかし、なんと思いがけず、いまや地元が世界に
誇る「クラゲ天国」加茂水族館の大リニューアル
オープン日に鉢合わせしたので、せっかくの機会、
と思い、行って来た。古い建物がまだ残っていて、
トイレ利用でまだ入る事ができる。確かに、エレベ
ーターもない旧館は時代にそぐわないが、年月を
重ねた洞窟のような奥深さを湛える。新館、きれい
すぎ近未来的すぎ、まだ馴染めないが、これから
是非よろしゅう、と言いたい。

中2日であっという間に帰省終了。戻りも笹谷峠。
峠越えは夕方6時。暗くなる前に、と急いで降りる
のだが、夕焼けの峠が、これまたよかった。
いつのまにか、セキは止まって、全快哉。



  


Posted by げん at 16:12Comments(0)