QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
げん
げん
山形県鶴岡市生まれ。
札幌、東京と移り住み、放浪の旅をへて
東北回帰~ 奥羽越(えみしの国)を拠点
に危なっかしくも面白く生きます。

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by んだ!ブログ運営事務局 at

2014年09月22日

スコットランド万歳!岩手東北万歳!


今年も、遠野まつりへの旅。
1996年から、なんだかんだあっても必ず毎年やって
きて、何と今年で19年目!?仙台に移住してからは、
CUB・バルⅡで行く事も多いのだが、今回は帰りが
雨になりそうなので、高速バスで向かった。

盛岡に着くと、まず必ずここで食事する
「不来方(こずかた)じゃじゃ麺」
ここのTVにて、スコットランド独立を問う住民投票の
結果を知った。
特に、驚きやショックは、なかった。

一年ぶりの盛岡だが、駅に着いた途端、驚きと感動
が出迎えてくれた。
まず、駅の中の情報コーナーだが、ここで今年から
開通した花巻⇔釜石間の『SL銀河』を職員手書きで
愛を込めてアピール
しかも大きめのモニターで蒸気機関車C-58がいか
に修復され復活したかを詳細に取材し公開している
(これでは好きな人は一日この駅を離れられない・・)

するとそこに、駅員さんが何か張り替えにくる。
見ると、「SL銀河 空席状況」との事。

実は当初、今回の遠野行きはせっかくの機会だから
SLで、と思っていた。
しかし土日のみ一往復の当車両は大変な人気で、
一ヶ月前の朝10時に切符の予約を開始するが、
毎度一時間ぐらいで完売する、という。わたしが乗る
一ヶ月前の日は仕事で、10時に電話なんてできない
ので、その時点であきらめたのだった。線路脇から、
走る勇姿を撮影などでいたら、いいではないか、と。

ところが、なんの気なしで見たら、我が目を疑った。
明日の遠野行き、空席が「10席未満です」・・・
とある。    え?    あるの?

で、それまで釘付けでガン観していた(笑)SL復活
映像もアタマに入らなくなり、気がつくとみどりの窓口
に・・・切符、購入してました。

盛岡、実に驚きの町です。
駅の中のおなじみ『さわや書店』ではあいかわらず
書店員による手書きの図書紹介文が、熱すぎる。
今回は、更に、その熱い文章が、長すぎる(爆)



大通り商店街の文具屋さん『共同文具』は、行くと
必ず面白い絵葉書があるのだが、今回も2枚購入。

それと必ず一店は入る喫茶店。盛岡には行きつけが
5,6店あるのだが、今回は忘れがたい珈琲の味、を
求めて紺屋町の小さな店『クラムボン』へ。
ここの珈琲は、札幌でかの名店『森彦』ぐらいでしか
いまのところ味わっていないような、香ばしさがある。
仙台でも、実は近いところを2店知っているが、前述
2店との違いは自家焙煎ではないところ。それでも
近いものがあるのは、ネルドリップのおかげか。
クラムボンは小さな割にこれまた人気なので満席で
入れない事も多いが、今回は先客さんが一人だけ
だった。これもまた、ひとつの幸運でした。
ここは店員さんの暖かさも、魅力です。

夜、携帯電話のTVで「報道ステーション」を観て、
スコットランドの件の詳細を確認する。
投票率80%越え!!凄し。
独立賛成派、反対派の、感情爆発一喜一憂の姿を、
はじめて目にする。
しかし、当番組の報道で心が暖まった。
「家族の中でも分かれる意見。国民の間に深刻な
亀裂が起きるのではないかと危惧されたが、そこは
互いに分かり合っているのか、お互い真剣に意見を
戦わせたという同志感もあってか、結果が出ても苦
笑いし合ったり肩を叩き合ったりという姿が見られた」
印象的だった、若者たちの言葉。
「政治に初めて興味が沸いた。どうでもいいと思って
いたけど、それじゃダメだと知った」
「16歳になれば、重要な事を決断する能力はある。」

これは、全く異国の事じゃない
あらためて、わが奥羽越東北のパラレル・ワールド
スコットランドに、敬意を表したい。




  


Posted by げん at 16:40Comments(0)えみし普通の日記

2014年09月17日

スコットランド独立について


なんと・・・明日、わたしが最も愛する外国、である
スコットランド!の独立を問う一大住民投票の日

本当にやるんだなあ という驚きが正直な感想。

明後日、金曜には今年も行きます、岩手県遠野市
なのですが、もうその時には結果が出ていると。

わたしがスコットランドを旅した2002年は、
かの地に300年振りの議会復活があって3年目
ぐらいだった。それだけでもスゴイ!事だと思った
のに、まさかこんなに早く独立の話にまでなるとは

わが奥羽越、東北の様々な方面での自立を強く
望んできたわたしは、もちろんスコットランドの独立
を強力に応援する者であります。

しかし、実際に今回、独立するか否か について
はあまりこだわっていない、といいますか
結果的に独立できなくても構わない、と思っていま
す。

今回結果が独立ならず!で終わったとしても、大い
なる脅威にさらされたイングランド主導の大英帝国
が、これに懲りてスコットランドはじめ他のケルト地
域に民主主義的で公平な行政を施す事、が条件で
すが。
とにかく、今回の最大の収穫は、イングランドへの
強大な鉄槌 になるでしょうから。

そして、大英帝国と兄弟かパラレルワールドのよう
によく似ているこの日本においても、地方と中央の
関係に多大な刺激をもたらさん事を祈ります。


  


Posted by げん at 18:16Comments(0)えみし普通の日記

2014年09月07日

急遽、帰省中


親父が体調を少しばかり崩したので、湯の浜にまたまた
帰ってきました。

今月は岩手・遠野行きなどもあり出費がかさむ事もあ
って、天気をみてバルⅡに乗ってやってきました。

今回の往路は山形・宮城の北を通る、最も峠の緩やか
な鳴子方面。ちょうど、鳴子峡で少し降られたが、あとは
ほぼ好天

今年は正月早々わたし自身の歯が痛くなったり(しかも
歯科医の誤診があったりして治療に長期かかったり)、
親父も今年入って体調崩すのが2度目だったり、どうも
一家の健康的には要注意の年のようです。

親父の体調自体は回復してきたよう
実は、わたしが8年前、住みなれた東京から仙台へ引っ
越してきたのは、こういう時の事を考えたためでした。

なんて 仙台にいようが東京にいようが離れてる点で
同じじゃないか、ときっと思われるでしょうが、わたしに
とってはかなり違うのです。

・・・ああ また何か面倒くさい事を書き出すよ。
そんな声が心でするので、やめておきましょう・・・

  


Posted by げん at 02:13Comments(0)えみし普通の日記