QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
げん
げん
山形県鶴岡市生まれ。
札幌、東京と移り住み、放浪の旅をへて
東北回帰~ 奥羽越(えみしの国)を拠点
に危なっかしくも面白く生きます。

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by んだ!ブログ運営事務局 at

2015年04月30日

あと一日 かな



             
             杜の都 大新緑


自宅にインターネット環境がある、という事

あらためて、まさにこれは悪魔のささやきだな・・と思う 笑

とにかく、際限なく「検索欲」が噴出してしまうのである。

ここ数日で検索した事柄・・・一部抜粋

@「めやぐ」について(津軽弁で「すまん」みたいな意味)

@スザンヌ・サンドフォーさんについて
    (映画『オブリビオン』EDを歌っていたシンガー)

@麹屋りんりんさんについて
 (花火があまりに好きで秋田・大曲に移住してしまった
  という若き女性落語家さん)

@本当は住みづらいワーストタウン!?吉祥寺について

@「義経は生きていた!?」(動画 3本立て)

@歴代大河ドラマ オープニング(動画)
 (龍馬伝→平清盛→風林火山→天地人→そして独眼竜
  政宗 おまけに大河じゃないけどレッドクリフ)

延々と、深夜まで検索してしまうのである・・・
しかし、おそらくこれも今日明日までである。
やはり、わたしのパソコンは、家では原稿書きマシン限定
になってもらった方がいい。

とはいえ、実は最近、小説やコミックが、ヒット続きだ。



小説 ロバート・ヤング短編集『たんぽぽ娘』

これは長らく、幻の傑作SFと呼ばれてきた、時間旅行もの
の逸品。日本でも梶尾真治『エマノン』シリーズのように、
いい作品なのに絶版で忘れ去られていた、もしくはいまも
忘れ去られているものは結構多いようである。
ほかの短編作品も、なかなかドラマティックで味わい深い。
空を飛ぶクジラ、銀河帝国の脅威に晒される平和な惑星、
など 日本の大原まり子に影響を与えたか?と思える
モチーフもかなり見られた。



第三巻が出た!青森県弘前市在住の漫画家による、
弘前が舞台の「魔女もの」 ふらいんぐ うぃっち
1巻目はヘタな絵でもいい味が出ていて、2巻目になると
絵が上手くなる代わりに面白みが薄れた感があったが、
ここにきて絵と話、両方がいい具合にパワーアップしてきた。
もはや、宮○アニメの無国籍魔女ものと比較する必要もない。
奇遇だがこれにも「空を飛ぶクジラ」が登場する。岩木山上空
を巨大なクジラが浮遊する様など、想像するだにゾクゾクする
まさに、真の地方発信センスオブワンダーがここにある。



そして、極めつけ。わたしはマイナーなものに魅かれる傾向
が強いが、本作は目下、巷でも大ヒット中のコミックである。
『ゴールデンカムイ』
はじめ、アイヌ民族の少女が表紙を飾っていて、一抹の不安
というか、抵抗感があった。過去、日本人作家がアイヌ民族を
題材にして、問題になった事が何度もあるからだ。
しかし、本作は素晴らしい。作者は北海道札幌近郊の北広島
出身で、これまでも地元にこだわった題材で描いているのだが、
今回は日露戦争の帰還兵と、アイヌ少女との交流を「食」文化
の観点から笑いを交えて描き出し、アイヌ文化への深い共感と
理解を促す。物語全体は帰還兵たちの金塊をめぐるハードボイ
ルドな戦いの連続で、残酷シーンもあるが、つまりこれは命がけ
の戦争を生き抜いてきても見返りの少なかった兵たちによる、
「北海道征服」という一大テロリズムであり、その根幹にアイヌ
たちの存在が絡んでくる、というまさに北海道作家ならではの、
「地元を問う」「地元にぶつかっていく」渾身の作なのである。

最近、札幌の政治家や、「わし」と自称する奇妙な漫画家の
「アイヌは、もういない」 「アイヌという民族は存在しない」
などという愚かしい発言が相次いでいて、それに反発する声が
一冊の本になるほどである。
これについては別項で後々触れたいが、一体、この者らの
狙いはどこにあるのだろうか。
『ゴールデンカムイ』は世にはびころうとするアイヌ民族への
無理解への流れに一石を投じる事になるかも知れない。




  


Posted by げん at 03:41Comments(0)

2015年04月25日

仙台移住9年目に入ってみる


とある友人のはからい?で一週間ほど
自宅でインターネットができる状態。

実は月曜から久々の風邪をこじらせ
5日連続の、夜明け前出勤地獄で限界
ようやくの休日 ぽかぽか陽気なのに
外に出て行く気力が戻っていない。
のどの粘膜がおかしいのでなぜか
ずいぶん手にとってなかったカルピスウォーター
など飲みながら、これを書いています。

アパートの契約更新の時期がまたやってきた。
そう、東京から仙台に引っ越してきたのが、
ちょうどこの季節。桜の咲く時期というのは、
まだ仙台は春になりきっていない。5月になるか
ならないか、というまさに今が、本当の春になった
という感覚なのだ。

ああ、普通ならメディアテークまで行って、定禅寺
通の大新緑を見れるのに、残念だ・・

今回の契約更新は、「最後の契約更新」にしよう、
と決めてみた(みた って・・)
なにしろ、10年同じところに住んだ事になるので
ある。そろそろ、動くのが面白いでしょう。
いまのところ、
1:盛岡に移住する
2:実家庄内に戻る
3:東京に再移住する
4:仙台圏内で引越しする
かは決めていないのだが、
庄内の実家に完全に戻る、という可能性は低くて、
それでもある程度濃密なコンタクトを維持するなら、
依然として仙台に拠を持つのはベストの選択。

逆に、最も好きな土地である盛岡に移れば、
代わりに庄内との連絡は遠ざかってしまい、
盛岡・岩手にどっぷり浸かっていく覚悟が必要に
なる。この場合、もし実家をわたしが「継ぐ」という
事になるなら、実家の諸々を丸ごと盛岡に移す、
というある意味大仕事をする可能性もあるだろう。

しかし、3番目の、東京再移住 はあるのか?
うーん・・・とりあえず、最近は 東京の桜よりも
盛岡の桜が見たくて、


行ってしまった。
久々の、石割桜。天気は基本良くなかったが、
思いがけず陽が差したりして、ずいぶんじっくり
ねばっこく東北人らしくガンミしまくってきた。
ほかに、盛岡城の桜や庭園も楽しむ。

今回は、すばらしい喫茶店にもいくつか出会う。
なかでも、なんで今まで知らなかったの・・という
『リーベ』さん ここは本当にイイ


        (これで680円 って・・・涙)

盛岡に紅茶の店を!と東京で修行してきたご主人
と、奥様の店。しかしそれだけではない
旧き良き時代の様々な調度品、重厚ながらあくまで
明るい雰囲気 お店の方々の岩手人らしい気遣い
そして!21時ぐらいから普通の酒飲み客にしか見え
ないサラリーマン達がマダム客達と何の違和感もなく
溶け込み、紅茶珈琲で談義。23時の閉店までほとん
ど、誰も帰らず!!
まさに、真の喫茶店文化 ここに息づく なのである。

こういう店があるなら、盛岡は大丈夫だ。

仙台の桜も、ずいぶん観た。
やはり誰にとっても、近所の桜が最高だ。


わたしの住む、台原という小山の下の 踏切沿いの桜

あいかわらず、ぼけぼけ写真ばかりですいません。




  


Posted by げん at 16:57Comments(0)えみし普通の日記

2015年04月08日

4月8日(水)


ちょっと前だが、『猫のしっぽ カエルの手』という
NHKの番組で、京都に程近い山中で猟銃を使わ
ず罠によって鹿や猪を狩猟し食すという生活をして
いる男性を紹介していて大いに驚かされた。

実はずいぶん前から、書店に置いてあった
『ぼくは猟師になった』という本で知っていた人物
とわかった。彼 千松信也さんはわたしより少し若
く、京都大学出身ながら運送業で生計を立てつ
つ、妻子を養い暮らす。狩猟は全く商売目的にす
る気はなく、ただ「一から自分でするのが好き」
「自分が食べている肉なのに、殺すという、嫌がら
れる仕事を誰かにしてもらって、お金だけ払って
食べる という生き方が嫌だった」という、自分の
人生観に素直に従った結果のようである。

一般的に、東日本と違って、西日本ではこうした
行為は「穢れた」事として差別の対象になってき
た、と思われがちなのでその点でも驚きなのだが、
何より猟銃を一切使わない、という猟法を選択し
たところが興味深いのだった。

日本では弓での狩猟は禁じられており(アメリカ
などでは合法らしい)事実上、猟銃か罠か、しか
方法はない。これは、弓が猟具としては非常に
鍛錬を要するものであり、獲物である鳥獣を「手負
い」にしてしまう可能性が高いからという事もあろう
し、スポーツとして定着しているため銃器のように
法律で管理しにくいという事もあるのだろう。

東北の作家・熊谷達也の、マタギへの取材を基に
した小説では、
「害獣駆除で捕獲された大型獣は猟銃で即死させ
るが、ひと昔まえは槍で突いて殺すという残酷な事
がまかり通っていた」
というような件があるのだが、これだとあたかも狩猟
は猟銃以外にあり得ないようにとられてしまう。
しかし千松さんの罠猟では、捕らえた獣は頚動脈
を切ったり、心臓を突いたりしてトドメをさすしかなく
いずれも即死とはいかず、長いと10分ぐらい死ぬ
まで側で見ているという。そもそも東北のマタギだっ
て、近代以前は数千年、数万年も槍でトドメをさして
きたのである。何が残酷かなんて、いい切れるだろ
うか・・・

やはりマタギを取材して書かれた矢口高雄の漫画
『マタギ列伝』
では、鉄砲を捨てて鷹による猟法を選んだ男が
登場し、銃の名手である主人公もまた彼を師とす
る姿が描かれる。男は言う
「鉄砲は魔法の棒だ。撃てば当たるものだから、
商売となると余計な分までどんどん捕ってしまう。
それが山を壊すのだべ。」

鉄砲、それも新型の連発銃が当たり前になった
現代のマタギの世界で、こんな事を言う猟師は
もう東北には実在しないのかも知れない。
現代はもはや、猟師で生計を立てる者などほと
んどおらず、山を壊しているのは鉄砲などでは
なく、もっと重層的な、厄介な原因である。
その中で、あらためて人間のあるべき姿、とは何
か、狩猟とは何か、を見つめ直し始めた人々が
生き方として実践する 新たな狩猟の世界が始ま
っているのかも知れない。

ただ、いま重大な問題が起こっている。皮肉な事
に、千松氏のような狩猟生活は西日本では可能
なのに、東日本、特にマタギの文化が残る狩猟の
聖地であるはずの、東北では今後不可能になるか
も知れないのだ。
その理由は書くまでもないかも知れない。
原発事故である。
福島県東部の山々に生息していた動物たちを
中心として汚染され、周囲に移動し始めている。
法律的には、他地域で一匹でも放射性物質が
発見された個体があれば、その地域の動物は
出荷できなくなってしまう という事があるが
問題はそれだけではないかも知れない。



  


Posted by げん at 19:20Comments(0)えみし気になる世界