QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
げん
げん
山形県鶴岡市生まれ。
札幌、東京と移り住み、放浪の旅をへて
東北回帰~ 奥羽越(えみしの国)を拠点
に危なっかしくも面白く生きます。

2015年11月24日

なぜ俺は東北復興を標榜する新聞に小説(のようなもの)を書くのか


失礼いたした。

いま、季節労働従事中で、あまり休みがないのである。
文章作成の仕事はほとんど手がつけられず、毎月の
小説(のようなもの)連載も、2日しめきりを伸ばさせて
もらうていたらく。Fiddleも週に一度しか弾けない。

今日、毎年恒例のケヤキ並木大電飾が始まった。
(写真撮ろうと思ったが、携帯シャメ機能?がいかれた
 かもしんない)
また、今日は仙台に新しい地下鉄が開通した
(わたしはまだ地上駅入口しか見ていない)

都市・仙台は確かに、動いている。
岩手県遠野での辛い村政生活から逃れて当時昭和初期
の隣県仙台に移住した佐々木喜善は

「ああ、都会は美しい」
「都会の夜は、魅惑的である」

と、日記に書き残している。
わたしは、昼となく夜となく、仙台の街を歩いていると
喜善のこの言葉を思い出す。

東京にいた頃は「都会は美しい」と思った事がない。
決して、仙台は美しくて東京が醜いという意味ではなく、
都会を美しく感じるには、外の山河が意識されなければ
ならない、と感覚的にわかるからだと思う。

つまり、外の山河、自然が圧倒的であるからこそ、都市
の輝きが際立つ。活気があると、さらに良いけれど、街
が大きすぎると逆にいけない。
という事は、小さすぎる鶴岡でも、大きすぎる東京でも
「都会は美しい」と感じるには問題があるのだ。

だから本当をいうと、わたしにとっては仙台よりも、盛岡
の方が「美しさを感じられる都会」として勝っている。
外の自然が、よりダイレクトに感じられながら、活気の
ある街だからだろう。

喜善は岩手県人なのに、県都・盛岡ではなく隣県の仙台
を選んだ。
もしかすると、昭和初期はまだ盛岡は、現在の鶴岡くらい
の規模で、仙台がまだ盛岡ぐらいの感じだったのかも知れ
ない。

さて、わたしがここ2年半ほど、『東北復興』と名打つインタ
ーネット上の新聞に連載しているのが、この佐々木喜善
にもご登場いただいている小説(のようなもの)である。

佐々木喜善、宮澤賢治のほか、青森の石版画家・今純三
や仙台の詩人・石川善助といった実在の東北人たちが登
場する。
物語はまさに喜善が仙台への移住を考え始めた昭和三年、
当時まさに開催されていた産業博覧会を観に集まった
彼らが、なんと七百年前の、まだ仙台が建設されていない
ほとんど原野だった時代の宮城野へ「時間的跳躍」してし
まう、というもの。時まさしく平泉藤原氏を滅ぼすため源頼朝
が20万人以上の大軍勢でここ宮城野を通過せんとするその
前日であった・・・とさ。

本来は、2011年の大災害からの地域の復興を見つめ
また地域とともに歩むというれえぞんでえとるを持って
いる新聞。創刊者も、また寄稿者も、現実のいまの被
災地を取材し、またテーマにして執筆を続けている。
わたしも創刊当初、一年間は自分なりの現実のテーマ
でエッセイ的な記事を書かせていただいていたが、
「新聞といえば連載小説とか漫画でしょう」
とか自ら言い出して、創刊2年目に入った頃合に、たまに
こんな企画も、といったノリで(だったと思う)書き始めて、
かれこれなかなか終わらず2年以上経過(爆)という状態。

果たして、「東北復興」というテーマにわたしの
小説(のようなもの)は指向が一致しているのか?

つづく






  


Posted by げん at 00:03Comments(0)えみし普通の日記

2015年11月08日

お菓子ものがたり




明がらす が美味い(ひさびさのぼやぼや写真失礼します)

これまで、わたしにとって遠野の菓子といえば、
「松焼 まつやき」
だった。これは、あまりめじゃ~ではないかも知れない。
お土産用としても売っているが、松焼は地元のすーぱーで
普通にビニールトレイにラップして売ってる。
明がらすは、緑色あざやかな松焼に比べ、見た目が地味で
一見、あまり美味そうに見えない(^^)のだが、
オトナな味というか、一度その味わい深さがわかると、
止まらなくなる。甘さが実に上品なので何個でも食べられる。

今年の遠野まつりの際、地元でいつも世話になっているBar
のマスターが我々みんなにこの明がらすをひと箱ずつ下さった。
帰ってから、わたしも周りに分けたらいいのに、全部自分で
食ってしまった 爆 それくらい、今回ははまった。

今回、お返しにこちらも菓子折をと考えたが、仙台の菓子は
おそらく仲間らが持っていってるので、ここはひとつ、お郷の
山形や庄内の名物をさがして持って行こうと思い立った。

つまり、仙台にも山形の菓子がどこかに入ってきているだろう、
と踏んだわけである。なにしろ、岩手の「かもめの玉子」などは
当たり前に出回っている。山形がないわけは、ない。

ところが、探し歩いてみると、案外、これがない。
山形の菓子として、思いつくものは「だだちゃ豆なんとか」とか
「樹氷」とかの新参や流行ものを抜きにすれば、
@のし梅   @くぢら餅 などの内陸もの
@古鏡   @おきつねはん(正式には「きつねめん」か)
@とちの実かりんとう  @ふうき豆  @からからせんべい
@とちもち  といった庄内もの・・
あと@マロン って、庄内だけなのか?
それとケンミンなにがしで紹介された「おひな菓子」も庄内だけ
と知って意外だった。 

とりあえず仙台中心部のいろいろなデパ地下を巡ったのだが、
ようやく見つけたのが、藤崎さんにて。
東北各地の、代表的な菓子を紹介しているコーナーがあって、
山形では前述の @のし梅 @古鏡 @からからせんべい
があった。(さすが藤崎・・・ふところ深い!!)
ほんとうは、わたしが大好きな @くぢら餅を遠野の人たちにも
味わって欲しかったが、ここはせっかく庄内菓子の重鎮@古鏡
があったので、これをひとつ包ませてもらった。

この@古鏡というのは、羽黒山のご神体である「池」の中に
千年前から脈々と沈められてきた、古代の鏡を模して発案された、
という正真正銘・庄内たましいの菓子 100年以上の伝統がある。

ところが、実は子供の頃、わたしはあまり好きじゃなかった 笑
もう、あんこと餅を圧縮したような、かたまりみたいだったから。
(あと、雰囲気があまりに古風というか、仏さまのお供えっぽい)
もちろん、あんこも餅も大好きだし、兄貴は好物だったようだから
いつかあらためて、自分用に買って、食べてみようと、思う。



  


Posted by げん at 19:02Comments(0)えみし普通の日記

2015年11月07日

続・もっと地元アクセントでしゃべろう


最近、文章作成の仕事を新しく始めた。
とてもそれだけで食べられる というもんではないが
わずかでも原稿料が頂けるというのは有難い事だ。

そもそも今回、あらためて自宅にネット接続環境を置いたのが
パソコンのバッテリーが限界になったから なのだが
やはり今回は娯楽のためだけではなくて たとえば
接続料金分ぐらいはこのインターネットで賄おう などと
考えていたのだった。
(つまりそれだけ生活が楽ではない、という事 はずかしいが)

最近はぼちぼち、読みたいほうの小説も出てきた
(どんだけ読んでないんだ)
あのSFの大御所(って、他の言い方ないのかね)
ロバート・A・ハインラインの『輪廻の蛇』、
SFの吟遊詩人(これはまあ、いいかな 他にいないし)
レイ・ブラッドベリの『歌おう、感電するほどの喜びを!』
とか、意外に読んでなかったものが復刻?されてきている。

むかしは、A・E・ヴァン・ヴォクトかジャック・フィニイとか、
ロバート・シルヴァーバーグとか、ジェームズ・ティプトリー・Jrとか
ハヤカワ文庫SFものをけっこう読んでいた。
日本のSF作家というと、もう大原まり子には熱中したものだ。
基本的に、わたしはSF人間だと気づかされるな・・

そういえば、井上ひさしの『吉里吉里人』がSF小説として
何かに紹介されていた事があるが・・あれってSFですか??
というのも、わたし実は読んでないので(爆)
えっあれは東北の生んだ名著だろ!
奥羽越って苗字を自分にかぶせといてとんだモグリ?だろ!
って言われそうだが
あの、「東北方言」まるだしで書かれた文体にものすごく
抵抗を感じてしまいましたもので(あと、本の厚さにヒいた 爆)
あれが自分の郷である庄内の言葉だったら、読んでたのかな・・
いかんな いずれあらためて手にとらんと

で 地元アクセントのはなしだが(まえふり長げーよ

今回、遠野や盛岡に行ってもつくづく思うのだが
たとえば釜石線で、学校帰りの子供らの会話、聞いてても
ほんと、東京言葉だわ とガクゼンとする。
わたしなども、仙台にいる時は正直、東京言葉が多く
ひとりごとすら、東京言葉の事もある 笑
しかし意識して、アクセントだけは庄内言葉でいようとする。
アクセントだけ保っていれば、たいてい東北のどこでも
東北人として通じ合える気がするのだ。
星港夜や、Barm`sのマスターの自然な地元アクセント
エリートだろうがなかろうが、地元に誇りを持つ人間は
堂々使っている。
単語や名詞はともかく、アクセントは出していきましょう、
みなさん!!


  


Posted by げん at 22:45Comments(0)えみし普通の日記

2015年11月03日

もっと地元アクセントでしゃべろう


10月31日(土)

また、遠野へ行ってきました。
持っていったカメラが、フィルムのオリンパスXAだけで、
しかもフィルムを買ってなかったので(やる気ねーなー)
写真は、ほとんどありません。
しかし、友人たちのステージは素晴らしかった。

遠野まつり以外の時期に遠野に来るのは、生涯で2度目です。
花巻駅で訊いたらまだSLの切符があったので乗ってしまい
車内で友人たちと合流できました。
彼らの座ったとなりのボックスに、仙台の職場の人がいたとか
今回も不思議な事はあったけれど、ほかはあったかな?

ひと気のない町を、スローモーションで歩くネコがいたのだが、
これがけっこうあちこち出没する行動力抜群のネコだったとか・・
そんなとこかな(もっとあったろ)

11月1日(日)

一日中、遠野を歩き、川岸でFiddleなど弾いていました。

今回、小説のしめきりがあるのと、お金も節約できるのとで、
盛岡に寄るのをやめて仙台に帰ろうと思っていたら、夕方
釜石のほうで事故があったらしく、汽車が遠野に来た時
21時近くになっていました。
鈍行以外を使う気はなかったので、仙台まで行く事は不可能
遠野にもう一泊か、それとも盛岡か、の選択肢
結局、盛岡に行く事にしました。
車内では、JR職員と東京方面からの客が大揉めしてるし、
わたしのFiddleケースがいきなり上の棚から落下するし
なんか、さんざんでした。

11月2日(月)

盛岡では、雨がぼちぼち降ってきました。
それでも傘をさして盛岡城跡の中を歩いたら、これがもう
すさまじくいい紅葉の大ぱのらま!
この時期に来たのはなるほど初めてで、これはむしろ
桜の時期より感動したかも知れません。

肴町アーケード入口の写真屋さんで、業務用フィルムを
処分セール?してたので買い、今さらながらXAにセット。
ふたたび城へ向かうも、雨の中どんより暗めの日光下で
紅葉を何枚かおさめる・・・うーん どうだったものか
それでも、やはり今回、盛岡に来てよかったな

ひるめしは、どうにもこうにも不動の、不来方じゃじゃ麺。
味だけでなく、雰囲気などもろもろ、ほかの店には行く気
がしないほど、わたしには不動の店。

喫茶は、久々に紺屋町の、クラムボンさん。
せまいのに、えらく居心地のいい店。
ここの珈琲は、濃くても優しく、なんとも奥深い。
プリンとのセットが、またいい。

さわや書店さん(盛岡駅フェザン店)が、全国区の本屋に
ついての雑誌別冊でえらく絶賛されていた。
「全国にいろいろ工夫されている本屋はあるけれど、
 本当の意味でびっくりさせられたのはこの店だけ」
「よその書店とは明らかに何かが違う。本への情熱がすごい」
すごいとは思ってたが、中央の人が感動するほどやっぱり
とんでもない店だったのだな・・・盛岡、あらためて凄し

TRAD♀さんも言っていた『これでいいのか岩手県』も
おもしろし!今回、遠野で佐々木喜善さんについての本を
買ってしまったので、こちらは購入断念。
仙台版ももちろん面白かったけれど、地元のはずの山形版
より、岩手版に釘付けになってしまうオレって・・・
仙台へのバス時間が来たので、立ち読みも中途で断念!笑
また次回ですな (バスめ 10分以上も遅れてきおった 寒い)

あっタイトル、完全に忘れてました 爆







  


Posted by げん at 14:01Comments(2)えみし普通の日記