QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
げん
げん
山形県鶴岡市生まれ。
札幌、東京と移り住み、放浪の旅をへて
東北回帰~ 奥羽越(えみしの国)を拠点
に危なっかしくも面白く生きます。

2015年12月23日

珈琲は切らしても紅茶は切らすな


実はもう随分な日数、豆を挽いて珈琲を飲んでいない。

ここしばらく、まあ勤め人としては普通だと思うが
朝はやい出勤が連日続いたもので、朝めしをゆっくり
とる、という事ができない。じゃあ早く起きればいいだろ
と思うが、それもなかなかできない。
結局、大慌ての朝めしカッコミになるか、出勤しながら
コッペパンをかじったりする事になる。

かろうじて家でカッコミできるなら、冬の飲み物は紅茶
になる。優雅に思えるが、極めて手軽なティーバッグだ。
日東やリプトンではなかなか満足いかず、最低でも
とわいにんぐ である 笑 個人的にはアイリッシュや
スコティッシュ といきたいところだが、手軽に入手という
訳にはいかないし、あいにくちょっと濃すぎるのが多い。
カップ一杯にバッグ一個でちょうどいい濃さで出るのが、
とわいにんぐ なのだ。そのあたりは、さすが洗練された
イングリッシュ と認めざるを得ないかも知れない。

わたしの紅茶好き歴は小学生ぐらいからで、珈琲より
断然、長い。要はケーキなど、洋菓子に合うからで、
珈琲だとドーナツとかバタークッキーとか、あぶらの
強い菓子ならば合うが、合う菓子のバリエーションの
多さは到底、紅茶にかなわない。
いまでも、森永マリービスケットやブルボンバウムロール
などと一緒に飲んで(笑)仕事の疲れを癒している具合。

また、珈琲と違って体調の良し悪しで身体が受け付けない、
という事もあまりない。
喫茶店に通うようになってから、珈琲という飲み物の面白さ、
奥深さに惹かれたが、紅茶専門喫茶店という存在を知って
外で飲む紅茶も見直してきた。

英国やアイルランドは言うまでもなく紅茶飲み国、
アメリカやフランスは古くからの珈琲飲み国である。
血縁的には英国なアメリカで何故紅茶がポピュラーでないか
というと、どうも反英の歴史からのようだ。
なんとももったいない。
しかし、日本のように紅茶も珈琲も同じように定着している国
も珍しいようだ。
日本では紅茶はまだ優雅、というか英国的、というイメージが
残っている気がするが、珈琲がアメリカ的とか、フランス的とか
感じている人はほとんどいないのではないだろうか。

珈琲は、まったく独自に、日本が自分のものにしてしまった。
日本で発達した珈琲文化の素晴らしさに影響されて、アメリカ
西海岸地域などで「サードウェーブ」なる喫茶革命が起きてい
るほどである。その日本では全国的にスターバックスが席巻
して、昔ながらの喫茶店の脅威となっているが、わが岩手・
盛岡ではこのスタバがなかなか定着しない。というのも、盛岡
が強靭なる古くからの喫茶店文化を保持しているからではない
か、とわたしなどは思っているのだが。
(おれは、スタバは人が多すぎるのでまず行かない
 ミスドやどとーるは時々行くけど 爆)

一気に、ばばーっと書いてみた。
なぜこんな、ばばーっと書けたかといえば、たぶん、紅茶を
飲んでいたからだ。
喫茶店といえば議論とかおしゃべりだが(席向かい合って、
ふたりともスマホいじってる変な連中がすごく多いけれど)
人間の脳の、会話・議論を司る部分を活性化させるのは、
珈琲よりも実は紅茶の方らしい・・・と何かTVで観た。


  


Posted by げん at 20:49Comments(0)えみし普通の日記

2015年12月23日

閉じた視界を開く


年末の労働も一区切りついたか・・・

大切な仕事で、面白さもあるが
やはり自分をある意味押し殺していないと続けられず
知らず知らず過大なストレスがかかっている事を
あとで実感する。多くの人がそうなのかなと思うが

このままの状態で小説(のようなもの)にとりかかっても
文字は書けていてもただ書いているだけ、という状況が
2日ほど続く。
自分が作り出した「世界」の全体が見渡せなくなっていて、
数日は前後不覚のまま進まざるを得ない。
(つまり毎日のように労働していると、ほぼ永久に完全な
 状態に戻れないまま書き続ける事になる)
働きながら書く、というのはこの繰り返される自己リハビリ
というジレンマとの終わりなき戦いのようである。

最近、ずいぶん前に観た映画『クラウドアトラス』の
長めの予告編を繰り返し見ている。
https://www.youtube.com/watch?v=XPQTWE-uj5k
映画そのものも大変面白いものだが、
予告編としてこれほど刺激的なものもそうそうないように
思う。作品自体は観ないで、これだけで想像をふくらませ
るのもいいかも知れない。

内容は輪廻転生に近い。
自分にはかけ離れた話のようで、実は観る者ひとりひとり
の物語でもあり得るところがこの作品の肝だと思う。


  


Posted by げん at 02:49Comments(0)えみし普通の日記

2015年12月12日

閑話休題Ⅱ:へるく読むべし 


映画の次は例によって漫画といきます

以前、いろいろコミック紹介しました
とりあえず、最近ますます面白い
『ゴールデンカムイ』第5巻が
スターウォーズ新作公開と同じ日に
発売のようです(あわただしいな・・)



表紙は、東北読者お待ちかね?の
秋田マタギ出身の日露戦争帰還兵
谷垣さんです!
当初は脇役で敵役のひとりに過ぎません
でしたが、みるみるその出番と魅力を増し
今巻では命を救われ世話になったアイヌの
家族を救うため、ばかにしていた師匠の
単発村田銃を手に戦います。
読む者は、男も女も惚れる事うけあいです。


実はひとつ、ひそかに?オススメのコミックが
以前からあったのですが



『ヘルク』 七尾ナナキ

しばらくは、「本当にこれオススメしていいのか?」
と思っていたのです。
というのも、これはベースがいわゆるRPGというか
「魔族」とか「勇者」とか、「戦闘レベル75」とかいう
言葉やキャラクターが飛び出し暴れまわるゲームの
世界らしく、こういうゲームなどの分野は全く昔から
門外漢であるわたしが一瞬躊躇したほどだったから
です。

しかしいつも表紙を見て直感で読み始めるわたし。
2巻、3巻と読み進めるうちに魅力的なキャラクター群、
センスのいいギャグとシリアスの切り替え、深まる謎
など、急速にこの世界にはまり込んでいきます。
読み始めた当初はもろマイナーだったこの作品も
今ではひそかに熱狂的なファンを増やすようになっ
てきた模様です。

この作品、実は『裏サンデー』という、インターネット
上の漫画雑誌に連載中という、伏兵中の伏兵。
なので、ここから定期的に更新される連載を、読む
事ができます。↓

http://urasunday.com/helck/comic/10101.html

ぜひ!




  


Posted by げん at 00:24Comments(0)えみし気になる世界

2015年12月11日

閑話休題:まさか!の映画化


すっかり近年、映画から離れ映画情報にも疎くなった
わたしだが ふと先日、

「エイリアン もうひとつの 続編」

で検索をかけてみたら、驚愕すべき情報が飛び込んで
きた。

そもそも、なんでわたしはこんなキーワードで検索を
かけたのか?

わたしは『エイリアン』『エイリアン2』の長年の大ファン
である。『スターウォーズ』シリーズとともに、その感動
の記憶とともに大人になり生きてきたようなものだ。

映画好きならご存知と思うが、『エイリアン』にはさらに
『3』『4』という続編が製作されている。
『エイリアン』はもともとSFホラーながら芸術的な志向の
強い孤高の作品だったが、のちに映画界を席巻する
娯楽大作の鬼才・ジェームズ キャメロンによって、まさか
の戦争アクションエンタテインメント続編が作られてこれが
大ヒットする。この『2』(原題「ALIENS」)がその後のこの
シリーズの運命を決定的に変えたが、よろしくなかったの
が、その次に若き新鋭・デヴィッド フィンチャーが作った
『3』であった。

『2』のヒット要因は、やはりキャメロンの

「観客、そして自分自身がどんな映画を観たいか」

を本能的に知っているようなところにあったと思っている。
『エイリアン』は素晴らしい作品だが、続編で同じようなもの
を観たい、とは正直多くの人が思わない。この作品は、
とにかく強烈なエイリアン(そしてアンドロイド)への恐怖と
孤独感が、観客に強いストレスを残したのである。

よって、ラストでただ独り生き残った主人公が、仲間とともに
今度はやられっぱなしではなく徹底的に戦うという続編は
いわば観客にとってもエイリアンに対する「リベンジ」であった。
最後までともに戦う仲間が、恋人的な存在や、前作では敵
であったアンドロイド、そして母娘のような情を交わす少女
である事など、つくづく前作と対比させて計算され尽くして
いるなあ~とあらためて感心させられる。

ところが、『3』で若手フィンチャーが目指したのは、むしろ
1作目の再生産だった。主人公を再び孤独のどん底に陥れ、
ただ一匹のエイリアンとの絶望的な戦いに終始する。
そのために、冒頭であっさりと、『2』で生き残った仲間である
恋人もアンドロイドも、少女すらも死んだ事にされてしまった。

観客に媚びろ、という訳では、当然ない。
だが、観客は正直である。愛すべき登場人物がやたら死ぬ
ような作品は、結局後世まで残りづらいのだ。

『4』はフランスの個性的な映画作家がユニークな作風で
意外に盛り上げたが、やはり無理矢理な展開でキワモノ的
な位置に甘んじる事になった。
さらに、『エイリアンvsプレデター』なるお遊び企画といっても
いい負の連鎖へと続く。明らかに、エイリアンの世界は行き
詰まりを迎えたのだった。

『3』『4』は「なかったこと」にしたい・・・
つまり「黒歴史」としてこれらを捉えるのは、わたしだけでは
ない事は、以前から映画マニア的な情報から知ってはいた。

しかし、まさかこの願いが叶おうなどとは、誰も予想しなかった
のではないだろうか?

なんと、そのまさか、が起ころうとしているのだ・・・

その、冒頭の驚愕すべき情報とは(前置き長いんだってば)
『エイリアン』シリーズの新たな続編が作られる事になった、
という事(もう今年の夏に出た情報だったのね・・)なのだが、

なんでも、その続編は『4』に続く『5』ではなく、
『2』のあらためての続編になる、という。

一瞬、ぽかん なのだが、つまり先程わたしが書いたように
『3』をなかった事にする という事なのだ。
こんな事って、あるんだろうか?
フィンチャーさんにしてみると、立場なし!というところだろうが

恋人やアンドロイドは生き残り、少女が成長して新たな主人公
になるとか・・・おいおい、それって俺も考えてたシナリオだって
の!って事は、世界中 映画ファンの夢想する事は同じという
訳か。

監督に抜擢されたのは、わたしが以前、
「途中までは最悪な映画 でも後半からは怒涛の傑作!」
とこのブログでも紹介した『第9地区』の二ール・プロムガンプ。
かなり強烈なクセはあるが基本的に良い魂を持っている作家
だと思う。これは期待できるな!

近年、ハリウッドも激動で、続編という製作形態ひとつとっても
『猿の惑星』の駄作の連鎖だった続編群が「ジェネシス」とか
いってスゴイものに生まれ変わったり、『マッドマックス』が
同じ監督によって全く違う映画にこれまた塗り替えられたり、
なんだかこれまでの常識が通用しない事態になってきている
なあと感じる事が多くなった。
しばらく観ないうちに、とんでもない量の作品がたまってきて
いるので、ぼちぼち映画の世界にも戻っていかないといけない。

とりあえず、『スターウォーズ』の新作を観なければ。
30数年ぶりにあの三人を銀幕で観たら、ああ共に歳を取って
きたんだな・・・と号泣しそうだ。



  


Posted by げん at 00:11Comments(0)えみし気になる世界