QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
げん
げん
山形県鶴岡市生まれ。
札幌、東京と移り住み、放浪の旅をへて
東北回帰~ 奥羽越(えみしの国)を拠点
に危なっかしくも面白く生きます。

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by んだ!ブログ運営事務局 at

2016年05月10日

気がつけば、城下町


Facebookにも少し書いたのだが、なにぶんあちらには
あまり長文でだらだら書けないので、こちらに書く 笑

わたしは仙台の北・台原から、南の五橋にあるアイリッシュ
・パブまで自転車か、悪天候なら地下鉄で行く。
この距離、およそ3km半だ。
実は今わたしが書いてる小説(・・のようなもの)も関係
してるのだが、仙台のもともとの城下町というものの、
北端が台原周辺、南端が五橋周辺だったようで、つまり
わたしはたびたび仙台城下町を縦断往復している事になる。

もちろん、パブにてお酒を飲めば、自転車には乗らず
押して歩いて3km半の道のりを帰る事になるが、決して
これは無理な距離ではない。
ちなみに城下町の西の端は大崎八幡宮周辺、東の端は
榴ヶ岡公園周辺で、この歩いて回れるこんぱくとな範囲内に、
10万人の人口を想定して政宗公は街づくりをされた・・・と
言われる。もちろん、のちにこの範囲外に晩年の居城である
若林城と、別個の城下町も作るのだが、台原より北、楽天
球場より東、などは完全に郊外だった。
戦後は北・東・南に拡大して、城下町のこんぱくとさが信じら
れない程に仙台は広大になったが、その上での100万人
都市であって、もとの城下町の範囲内なら、依然数十万人
なのだろう、と思う。

このように、かつての城下町の多くは個人が歩いて回れる
範囲の、こんぱくとなしてぃーだったに違いない。
実のところ、東京でいえば3km半は、上野駅~東京駅間、
新宿駅~渋谷駅間ぐらいの距離にすぎず、いかに東京が
多くの人にとって「歩いて帰りづらい」都市かがわかる。

しかし東京の原型である江戸城下町というのは、北は浅草
や今の文京区あたり、西は四谷あたり、南は港区あたり
までしかなく、新宿、渋谷以西は完全に郊外だった。
江戸は糞尿などの処理サイクルが非常に上手く回っていた
先進都市だったが、このこんぱくとな都市サイズが膨張を
始めると、その均衡が崩壊していったようだ。

それでも昭和初期までは基本的に東京の人々の中で、
江戸城下町の範囲の感覚は生き続けていたように思われる。
例えば東京帝大や明治大学に通う学生らは、本郷や遠くても
おそらく早稲田周辺に住み、歩いても通学できるようにしていた。
今ではほぼ考えられないような事だが、そういえば早稲田大学
などは「都の西北」の歌の通り、郊外に近い立地だったのだ。

ふと気がついた事に、わたしの一族は大半が首都圏に出て
しまっているのだが、ただのひとりも「江戸城下町」の範囲内
には住んだ事がない という驚きの事実?がある。
というのも、みんな東京なら世田谷区、あとは神奈川県で、
川崎や相模大野に住んでいる。完全な東北ルーツなのに、
誰も荒川区や、江東区方面に寄り付かなかった(笑)のだ。
よっぽど、東北と切れたかったのかな 爆 さみしい

わたしの兄は札幌に住んでいて、これはもちろん城下町では
ないし、故郷の山形県鶴岡市は城下町だけれど、一族の誰も
いわゆる城下の範囲には住んだ事がない。

という事は、一族の中でかつての「城下町」に住んだ事のある
人間が、唯一わたしだけ・・・という衝撃の事実が!!爆
いや、台原というのは城下なのか?郊外のはじまりではない
のか?いやギリギリ城下ではないのか?(どうでもいい)

まあともかくも、偉大な武将が様々な趣向を凝らして作り上げた
城下町 その名残の上に生きている事の面白さ それを意識
せずして、やはりずっと楽しんできた事に、気づかされるので
あった。



  


2016年05月08日

手ぶらで行くか!Warrior


いわゆるGW、3・4・5日の連休日は、また東京へ出稼ぎに
出かけていた。もう今年で3回目 東京に行くのは今年もう
4回目になる(ほんとーに、仙台 仕事ないんだな・・)

今回、4日が第一水曜で、という事は・・そう!
上野のWarrior Celt でセッションがある。 かも?
Facebookにて一応の報告しますと、こめぐさんやモハーさん
反応して下さったので これは行くしかない!!

・・とはいえ、今回 会社のクルマに押し込められて行くので、
フィドルケースなどは持ち込めない。手ぶらで行かざるを得ない
ので、ウィスキー飲みながら聴くだけに徹するか とも思ったが
こめぐさんから「貸すよ!」などと畏れ多いお申し出が・・・
いやーしかし手ぶらで行ったらモロ借りる気まんまんな感じだな

さて、結局4日は・・・・・・ほんとに、手ぶらで行った 爆
楽器持たないで、東京のセッション顔出したの、はじめてだな。
仕事終わったあと、疲れがあってちょい寝てから出かけたので
20時を回ってしまって、セッション始まったところだったが
すでにミュージシャンはテーブルぐるりと満席状態で、店内自体も
座るとこなし!!外国人さん、多すぎ!混みすぎ!!笑

こりゃあほんとに聴くだけで帰る事になるかもな・・と覚悟しながら
カリラ注文。しかしやがて席が空いて、すべり込みに成功!笑
なんと、こめぐさんの他 松尾さんと斉藤さんまで「貸すよ!」
と言って下さり・・・結局、若きマルチプレイヤー斉藤さんから
スズキ製フィドルNo.520をお借り受け致した次第。
(わたしのはNo.580 廃版です)
というか、こめぐさんも松尾さんも 全員マルチだ・・・
この日はしかし、松尾さんやKimiさん 楽器弾かないで飲んで
帰られる人も多かった。

モハーさんのBlogでよくお見かけする、アイルランド女性なのだ
ろうか?この方はじめてお目にかかったのだが、素晴らしい歌
聴かせて下さった。
わたしの方は最近マンドリンをあらためていじりだした事もあって、
モハーさんの楽器に興味をしめしたら
「セット出してみようか!」
とふられて(爆)まあやっぱり失敗したのだが、出してみました・・・

やっぱり、仕事のあとのへろへろ状態では正直アレなのだが、
行けてよかったな~ 皆さん、お世話さまでした!
ホテルが大森なので、帰りの電車途中までモハーさんご一緒
したのだが、いろいろお話できて楽しかったな
大井町にあるという、丸メガネの名店 今度ぜひ行きたい!
(楽器じゃないのか!)




  


Posted by げん at 23:15Comments(0)えみし普通の日記