QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
げん
げん
山形県鶴岡市生まれ。
札幌、東京と移り住み、放浪の旅をへて
東北回帰~ 奥羽越(えみしの国)を拠点
に危なっかしくも面白く生きます。

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by んだ!ブログ運営事務局 at

2018年01月28日

最近のゴールデンカムイ




4月にはまさかの禁断の(笑)アニメ化放送が始まるという
おなじみ『ゴールデンカムイ』なのですが、ここにきて最近
内容的に心配になってきたな・・という感があったので、
ちょっとこの場を借りて愚痴って?みたいと思います。

単行本は12巻にまで達し、各キャラクターの魅力は増す
ばかり、面白さも全く衰え知らず、というところですが、
ちょうど本巻あたりから
「あれ、もっといい展開あったんじゃないの?」
という箇所が目立ってきました。アニメ化も決まり、兼ねて
からの週間連載に拍車をかけた忙しさでおかしくなってる
部分もあるのかも知れません・・・弘前に住みながら隔月
連載というスローペースで描いている『ふらいんぐうぃっち』
(石塚千尋)なんか、スローすぎて生活大丈夫か?などと
心配になるくらいですが(いや、たぶん他に仕事もってるん
だと思いますが)『ゴールデンカムイ』の場合週間連載とは
いいながら、野田サトル氏はけっこう頻繁に取材のための
休載もとっており実際はやはりかなり無理もしているんだ
ろうな、というのがネット上でもファンの間で囁かれている
らしいところではあります。

では具体的にどのあたりが気になったのかという話ですが
ここからは実際読んでいる方でないと何の事かさっぱり
わからないかと思いますのであしからず・・です。
箇条書きで表しますと、こんな感じでしょうか

1.網走監獄編が意外にあっさり終わってしまった
2.インカラマッ(表紙の女性)が生かしきれていない
3.「のっぺらぼう」の退場がいくら何でも早すぎる
4.主人公・杉元の脳の損傷という展開は必要か

そもそも心配の発端は、12巻より手前の11巻目、マタギの
谷垣・インカラマッ・少年チカパシの「偽装家族」一行が、
ちょっと早く杉元一行に合流しすぎるのではないか、という
ところからでした。常に速やかにして滞りなき展開が身上の
本作のこと、その展開が遅めになる事は懸念されたでしょう
が、谷垣らの旅もまた何泊にも渡る長いものだったでしょう
から、ここはもう一人の主人公とまで謳われる?愛されマタ
ギ(笑)谷垣と、謎のアイヌ女性インカラマッの、恋愛要素
抜きでのやりとりがもっと描かれるべきだったのではないか
と思う事しきりなのであります。

インカラマッというキャラクターは、いろいろな点で斬新な
アイヌ民族の描写の中でもとりわけ異彩を放つ存在です。
その性格としては、基本的に『ルパン三世』の峰不二子
なのではないか、と個人的には思ってきました。計算高く
「女」を武器にしながら弱さを見せない・・といういわゆる
悪女の典型的イメージですが、このあたりがどうも今巻か
ら曖昧になってきてしまった印象なのです。ある程度寝食
を共にした谷垣に対しては彼が極めて誠実で勇敢な好漢
である事もあり恋愛感情を持つに至りますが、同時に谷垣
・インカラマッ両者の「弱さ」を露呈し当初の印象が変わって
しまう点が否めません。ここはまず谷垣の東北のマタギなら
ではの凄み、インカラマッのアイヌとしての含蓄という両者の
魅力をより交流させて杉元・アシリパ両者とはまた別の相乗
効果を狙うべきだったのではないでしょうか。

そして13巻目の収録となるであろう、既に連載時点では
終了している最大の山場と思われた「網走監獄」編ですが
もちろん主要人物の肝心要の動きは確保しながらも、必ずし
も多くのキャラクターを動かしきれていない、という印象でした。
秀逸なのは物語上の2大勢力である第七師団の鶴見中尉と、
囚人集団の頭・土方歳三の集大成的な活躍でしたがやはり
展開的に滞る危険はありながら、網走監獄の囚人たちを殺戮
されるままでなく、もっと面白い人物も登場させる事ができた
のではないか・・という、どこかあっさり収束させすぎの感、
消化不良が残った感がありました。

中でもやはり気になったのが、最も重要な物語の柱である存在、
「のっぺらぼう」こと少女アシリパの父・ウィルクをあまりにも瞬間
的に葬り去った点です。いくら次のページも捲った瞬間の衝撃が
ひとつのウリ?でもある作品とはいえ、彼には語らねばならない
課題が多く背負わされ過ぎていました。政治的立場ももちろん、
娘アシリパへの愛情と罪悪感、そしてインカラマッへの想いは
実際どのようなものだったのか・・本人にしか語りえない事、僅か
に言葉を交わし心を通わせたとはいえ、杉元にもとても代弁しきれ
ないものがあまりにも多かったような気がするのです。
加えて、彼の頭部を狙撃した「裏切り者」尾形百ノ介に関しても、
標的が夜中の、外のどこに出没するかわからなかった状況で
「謀略仲間」であるキロランケの遠方からの手信号合図のみで
探し当て、正確に狙う事ができたのかどうか、も疑問です。

そして、ウィルクの傍らにいた主人公・杉元もまた頭部を狙撃
され倒れました。直前にすばやく動いており脳幹は逸れました
し、また「不死身の杉元」の異名を裏切らぬ驚異の回復力と、
変態凶悪犯にして神の手をもつ名医でもある家永カノによる
手術で蘇生。しかしカリスマ狂人・鶴見中尉と同じく前頭葉の
一部損壊という障害を持った杉元には、のちのち行動の暴走
が見られるようになります・・・一体、このあとどうなるのか?

頭部を損傷した杉元についても、別の展開の可能性はあった
ような気がします。実際には記憶に異常もなく、性格も一見
変わりはなく激昂した際に見境がなくなるといった状態です
が、脳の損傷は患者の性格を一変させるという症例がある
らしく、アシリパに対する記憶も失い性格も一転して臆病に
なるなどの究極の変化も考えられたかと思います。
(ただそうなると谷垣が杉元をむりやり樺太まで連れて行く
 という不思議な展開?になりそうですが)

ともあれ、ますます目が離せない今、最も注目の漫画である
事は、キラ星のごとき漫画作品の奔流の中にあっても些かも
揺るぎありません。壮大な背景の中、一人のヒロインの存在
を巡って展開する物語の魅力は、他でもない、実在の日本の
国土を舞台とする点でかの『風の谷のナウシカ』を越えるもの
になるかも知れない・・・という事で、アニメにも相当の期待を
胸に秘める、奥羽越なのでありました。


  


Posted by げん at 14:52Comments(0)えみし気になる世界

2018年01月17日

そして感想(いわゆるネタばれあるよ!)その2




一体誰が、新しい『スターウォーズ』の物語を構築しているのか?

まず、映画を観終わったあと、ルークと女戦士レイ以外、何してた
っけ?と思うくらい、たくさんのキャラクターが活かしきれていない。
冒頭の爆弾船攻撃(この発想がまたのっけから呆然ものであった)
からして、いきなり失敗してほぼ全滅しているし、Xウィングの活躍
なんかも始めだけであとは敵にほとんど爆破されて「名パイロット」
もやられっぱなし・逃げっぱなしの船の中で右往左往するだけと
いう・・・

あげくの果てに、塩の平原での特攻作戦?では途中までやられる
だけやられて「やっぱり中止だ、引き返せ!」とか、わけわからん・・

とにかく、やられっぱなしという点では前例である『帝国の逆襲』でも
ここまでやられっぱなしではなかったというくらい、風前の灯火に。
それにしても、敵側なんて無能な若司令官に、「中二病」癇癪持ち
剣士、そしてそんな若僧の不意打ちであっけなくまっぷたつになって
しまう黒幕(結局、この人も何者だったのか説明も無し仕舞い)と、
ろくなのがいないはずなのに、なんでこんな奴らにここまで追い詰め
られねばならないのかわからない・・・全てはルークの最後の見せ場
のため?

いや、確かにルークの最後の活躍にはあっと驚かされましたよ。
なんか、冒頭の方は本当よぼよぼでオーラのかけらもなく、
大丈夫かなと心配になるほどだったが、最後のシーンを観たあと
など、もう、ルークこそがミスター・フォース、ジェダイの中のジェダイ
だ!と再認識させられた・・・のだった。
おそらく、ヨーダもオビ・ワンも誰一人成し遂げられなかった事、誰も
想像すらし得なかった驚愕のフォース、を見せてもらった満足感?
はありましたよ。そういえば、レイア将軍も負けず劣らずすさまじい
フォースの技を見せてくれていましたが・・・やっぱりスターウォーズ
たるもの、新作ごとに新しい驚きがなくっちゃいけない、その中でも
フォースはね。

まあそのような訳で、昔からのキャラクターに関しては華を見ましたが
全体的な評価としては前年のスピン・オフである『ローグ・ワン』の方
が数段上だった、という感じ。本当、ローグ・ワンはキャラクター作り
でもバトルシーンでもすごかったんだな、とこれも再認識したんでした。

ところで途中でアクバー提督など、昔からの重鎮?もあっけなく死んで
たのだけど、この辺り、もう少し華を持たせてやるというのかな、そういう
センスがないのが今回の失敗を象徴してる感じです。
もう、新世代の作家が、観客のついてくる物語というものをわかってい
ない。40年にわたる長年の、それも数え切れぬ世界中のファンの信頼
を急速に失いつつある、あるいは既に失ってしまったと感じます。
これは決して『スターウォーズ』の世界が、旧くなったという訳ではない
と思います。ゴジラ映画だって、『シン・ゴジラ』として鮮烈に甦ったの
ですからね。すべては、作家のハングリー精神にかかっています。

そういえば、往年の戦士であるニエン・ナン(写真)もやたら人が死ぬ
中でやっぱり途中でいなくなってたので、「いつの間にか彼も?」と
思ってたら最後の最後で仲間と無事を喜びあってて
「なんなのコイツ!?爆」
とツッこんでましたよ。がんばれ、ニエン・ナン!!


  


Posted by げん at 15:41Comments(0)えみし気になる世界

2018年01月11日

そして感想(いわゆるネタばれあるよ!)その1




私の人生における映画ベスト3は、
15歳ぐらいから30年以上変わることなく
@チャップリンのモダンタイムス(1936)
@荒野の用心棒(1964)   そして
@スターウォーズ(1977)   ・・・・・であります。

スターウォーズ第1作目は私が小学2~3年の時に鑑賞
はじめて英語というものを所謂SF映画で聞いたもので
これが「宇宙語」か!と思いこんだ、という記憶があります。
まあ、とにかく全てが衝撃的で、夢中でした。

そんな、まさに物心のしょっぱなに君臨したこの映画
そのほとんど40年後の続編ていうんですから・・・
しかも、役者がそのまま歳を取った姿で演じるという
前代未聞 たぶん今後もこんなシリーズはないんじゃないか
前作(EP7)で退場したハリソン・フォードはこれまでも
『インディ・ジョーンズ』『ブレードランナー』などで当たり役あり、
それぞれの続編で老後を演じてきたという経歴があります
(しかもスターウォーズ含めて全作で父親になってるという・・)
しかし、残る二人の主人公役 マーク・ハミルとキャリー・フィッ
シャーにとっては、その後ほかに当たり役はありませんでした。
まさに、二人にとっては『スター・ウォーズ』が人生そのもの、
仕事の全てだったといって過言ではなかったような
(いや、人の人生を勝手に決め付けてはいけませんが)

だから、本作での二人の主人公の再会シーンは、短いもの
でしたが涙なしでは観られないものでした。マーク・ハミルの
演じるルークがレイア姫、R2-D2、C-3POそれぞれに再会する
シーンが、ハリソンのハン・ソロのそれよりずっと感動的だった
のは・・まあ、ルークの方が皆にまんべんなく情が深かった、
という事でしょうかね。

本作は『スターウォーズ』シリーズの真の主人公、ルーク・
スカイウォーカーのための一本ですが、新世代キャラクター
では前作からの新主人公である女戦士・レイが輝いていて
敵の黒幕の懐での大立ち回りなどなかなか見応えがあります。
ルークの師・ヨーダが旧3部作以来の、CGではないパペット
(操り人形技術)での登場だった事、ミレニアム・ファルコン号
からの銃撃シーンで第1作目の名シーンでの名曲が流れる所
など、昔から観ているファンには胸の熱くなるシーンもいろいろ
ありました。

し・・・しかし!!あとがなあ・・・・・
とにかく、脚本が・・・・・よろしくなかったようで。

つづく!!はい


  


Posted by げん at 20:04Comments(0)えみし気になる世界

2018年01月11日

2018年、初映画て事で (前振り 長いよ)


謹賀新年・・・今年もよろしくお願い申し上げます。
もうね、ブログを書いてた事自体、忘れてる毎日でしたけれども

年明けは、地元・鶴岡の誇る新感覚?工場改造型映画館
『まちなかキネマ』でできれば面白い映画観て景気よく行って
みようか~という感じなのですが

今回も、年末は年賀状、毎月恒例の原稿しめきりを年始に
持ち越してしまったために、元旦~4日まで家に缶詰状態
・・・まあ初詣にすら行けないお正月になってしまいました。

そんな訳で、素直に?仙台に戻ってから観るべし!と
行ってきました、『スターウォーズ Ⅷ 最後のジェダイ』
本来ならば仙台駅前にできた、でっかいイカした劇場で
観たいところですが、実は最近いよいよアルバイトの仕事が
少なくなってきましてね(爆)なのでミニシアター仙台フォーラム
の妹分チネ・ラヴィータにて、メンズデー割引で観させていただき
ましたよ・・・
まあ、昨年末も実は同様の大作『ブレードランナー2049』もフォー
ラムで観て、全然問題なかったので(たしか『シン・ゴジラ』の2回目も)
面白ければ、画面の大きさとか音とかは、基本関係ありませんね。

それにしても、平日の昼間とはいえ、客が私含め二人 とは・・・
いや、スターウォーズなんだから、皆 大劇場の方で観てるんでしょう
と思う事に いや、内容が今回は賛否両論 の「否」がかなり多い
というのもあるのかな

つづく!(ぉぃ)


  


Posted by げん at 14:14Comments(0)えみし気になる世界