QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
げん
げん
山形県鶴岡市生まれ。
札幌、東京と移り住み、放浪の旅をへて
東北回帰~ 奥羽越(えみしの国)を拠点
に危なっかしくも面白く生きます。

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by んだ!ブログ運営事務局 at

2018年09月12日

中二病について 爆 前編


ここしばらく、ネットカフェに行きますと読むのが楽しみだったのが、
押見修造の、『悪の華』です。



この漫画家は、むかし『漂流ネットカフェ』という作品で知っていましたが
最近、『ぼくは麻理のなか』という長編作品に触れて、嵌まってしまいました。



『ぼくは麻理のなか』は、その、何ともいえないキモいタイトル(爆)で
長い間敬遠していたのですが、あらすじとしては

ある、美しい女子高生・麻理をよく道で見かけてかわいいなと
思ってた大学出ながら無職の一人暮らし青年・小森が、
ある日突然、自分が他ならぬ「麻理」になっていた!!という・・

えーっと つまり20代の男が、10代の女の子になっていたと。
これはあの、少年と少女の心が入れ替わるという『転校生』に
似た話なのか?というと、どうも方向性はだいぶ違うようで・・・
入れ替わった訳でもない、「麻理」の意識はどこにいったか不明で、
しかも「小森」は「小森」で別にちゃんと生活しているという・・??

謎が謎を呼ぶ展開で、これに「麻理」というクラスでも人気の
美少女に、特別な思い入れを持つ同級生の内気な娘・依(より)
が麻理の異常に気づいて「なかにいる」小森の存在を知り、
二人はぶつかりあいながらも、ともに真相を究明していく!!

という話。これは一体、ファンタジーなのか?それとも・・・

で、これが非常に面白かったので、押見氏がこれより前に描いた
『悪の華』にも取り掛かった訳です。
この一巻目は、出版当時書店ではけっこうなインパクトでした。



なんとも、おだやかでない表紙ですけれども・・・
話は、群馬県の、ある山々に囲まれた小都市に住む、
これまた内気な中学生の少年・春日くんが
これまたクラス№1の美少女・佐伯さんの、
学校に忘れていった体操着を「出来心で!」
盗んでしまったところから展開いたします。

なんとそれをどういう訳か、
授業の時間に先生に向かって
『うるせー。クソムシが』
と無表情に暴言を吐く事で有名な?
「きらわれ少女」仲村さんに目撃されており!!!
何かにつけて「私の命令に従え。さもないと・・・」
と強要され、たちまち奴隷の日々に・・・

・・・・・というような、おはなしです。
まあ、とにかく押見修造という人は、内向的な作風なんですね。
しかし、わたしがこの作品に強く魅かれた理由が、
ボードレールの有名な詩集『悪の華』を読み耽るような
少年・春日くんの、そして
閉塞的な町の生活を嫌悪して、山の向こうの世界に飛び出す
事を夢想する少女・仲村さんの、
強烈な「中二病」的側面なのでした。

つづく~



  


Posted by げん at 22:02Comments(0)えみし気になる世界

2018年09月07日

なんと・・・夏の終わり


なんと、9月になってしまいました・・・まだ暑いけれども
毎月の新聞原稿もなんとか5日には仕上げましたが、
今回は先月、沖縄の翁長知事が亡くなられた事もあり
沖縄と、東北の独立、というか「自己決定権」についてなど
書いてみたんですが、これが大変でしたね・・・

基本的に、自分は無知なのでいつも書きながら学んでいくのですが
今回は特に、ひとさまが書いた文章をなぞってるみたいな感じに
なりがちだったので、自分の思考力に危機感を覚えました。
それだけ、沖縄について真摯に書いている人たちの文章が
素晴らしいものが多かった、という事でもありますが。

一方で、翁長氏を批判する意見にも充分目を通すようにしました
しかし、やっぱりネト○○とか、某政党のつながりとか多いですね・・
5000文字ぐらいの記事、一日でぱっと書き上げないといかんのですが
悶々とキー叩きが進まない時間が、とても長い 難しい課題でした。

久々に、ブログが書きたいと思ったのは、けっこう長い間
「課題」に向かってばかりいて、本当に自由な日記的なものを
書けていないな、と思ったからです。
(かといって、本当に自由に書いたら、人さまに見せられない
 ブログになるかも知れませんがね)

記事を書き上げた、と思ったら、北海道の地震の知らせが
山形の、姉から来ました。札幌の、清田区というところに
兄一家が住んでいて、TVを観たら、なんか液状化現象が
起きているとかで、一日たって連絡がとれて、なんとか
兄たちが住んでるところは大丈夫みたいだったのですが。

兄はわたしと一緒でキャンプ好きで防災意識も高めなので、
いろいろ買い込んでおいたのが、役には立っているみたいですが・・
あの札幌の街が、夜には真っ暗で、姪と甥は星空がキレイと言って
夜空を見ていたそうです。

9月はじめといえば、以前はわたしもまだCUBで北海道旅して
いた頃です。向こうにいたら、何か役に立てたか・・・
いや、立ち往生の穀つぶしで終わったでしょうね。多分
しかし道内あちこちの、古い馴染みに会いたくなってしまいました。


  


Posted by げん at 11:00Comments(0)えみし普通の日記