QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
げん
げん
山形県鶴岡市生まれ。
札幌、東京と移り住み、放浪の旅をへて
東北回帰~ 奥羽越(えみしの国)を拠点
に危なっかしくも面白く生きます。

2016年04月09日

思いがけぬ東京行き そしてゴールデンカムイ


3月の終わりと4月始めの週末、2回も東京へ

えー 今回は、出稼ぎ?に行ってきました 笑

ちょうど、その週末はセッションなどやってる所も
あったようなのだが、労働は何時に終わるかわからず
また、あまりキレイな恰好でもないので、やめておく・・
それでも夜、2時間ぐらい出歩ければ、1月に来た時
行きそびれた場所とかぐらいは行ってこれるかなと
思った。

仕事場と、宿は大森。あまりなじみのない所だが
まずはここから品川へ出て、池袋まで行ってみる。
これは行きそびれた所ではなくて、まさにこの1月
初めて行ってすっかり気に入ってしまった店
池袋駅ビル内「書籍館」の中にある科学雑貨?店
『ナチュラル・ヒストリエ』に再来店。
なんと、かの貴重な骨董ものの「星座表」がいくつか
売れていて(というか、売り物だったの!?)
残る一枚には8万円(!!!)の値がつけられている。
どんなものかというと、やはりコレクターさんがいらっし
ゃるようで、その方のブログにいろいろいい写真が
(お借りしたいが無断転載という訳にもいかんので)
http://mononoke.asablo.jp/blog/cat/kenji/?offset=70

そう、むかし『図説・宮澤賢治』か何かで見て、憧れた
星座早見である。女性店員さんが棚から出して、触ら
せて下さる(感激!!)ドイツ製らしく、なんと、皮製で
ある!店としても、本心では一枚は店の看板として
残しておきたいのだそうだが(じゃ売るなよ 笑)
つーか、皮製じゃなくていいから世界の誰か復刻して。

天文学コーナーなどは前回来た時から模様替えしており
誰かデザイナーがいるのかと訊いたら、これもなんと
「店のスタッフみんなで相談しながら作っている」のだと
いう・・・美大出か何かの、スタッフ陣なのか?
それにしても、見事なセンスだ。

その流れで、新宿へ。これぞ、1月に食い損ねた 爆
老舗沖縄そば屋『やんばる』リベンジ也。

思い切って「ゴーヤー定食」(1000円 ぐらい←ぉぃ)
長い長いカウンター、入店時はあまり客いなかったが、
食べてる間にずらーりと満席!なつかしき、場末?の
新宿ムードを堪能する。

2回目の週末はもっと早く終わったので、まだ明るい
うちに、これも前回、行きそびれた青山 表参道へ。
なんでこの俺が表参道?と思うかも知れないが、
まだこの地に表参道ヒルズが建つ前の同潤会アパート
があった頃、ここを利用した画廊で友人がよく個展を
開いていて、この大正期の香りの残る同潤会と表参道
の裏路地の多彩さに魅了されたのだった。
こんな感じ(これは代官山の同潤会か?ここももうない)



その裏路地、歩きまくる。相変わらず、新鮮!面白い!
もちろん、ここでわたしが買うようなものはまずないが。
あと、よく使ってた唯一のカフェが、なくなっていた。

表参道で特にびっくり名所といえば・・
何やら、もんのすごい教会みたいなのを、偶然見つけた
事があるのだが、あらためて足を向けてみた。
その見事な建築の名は『セントグレース大聖堂』
しかし調べると、なんと仙台でも見かける事のある
「ウェディング・チャペル」であって、つまりは本物の教会
―宗教施設―ではない。結婚式や宴のためのイベント
スペースとして、これだけのものを作ってしまうとは・・・
逆にいうと、表参道という土地ブランドにおいては、
悪くいえばイミテーションすらも豪華に、貫禄すら与えられ
本物をも凌ぐ価値を有する事ができるという事か。
それが、良い事かどうかはさておいて、だが。
(写真は、ほんとすごいのだが、あえて、載せない 笑)

さて、夜も深まれば 最終目的地・高円寺である。
ここも、なかなか開店時間にタイミングが合わなかった、
ラーメン「公楽」さんへ。ここは、夜のみ営業。
高円寺に住んでいた頃、よくわたしは塩ラーメン+ライス
を戴いていた。そういえば、わたしが外で塩ラーメンを
注文する店なんて、他に心当たりがない。
ここは本当に、気負いのない、庶民的な店。
店主も、だいぶ白髪が増えて、口髭も今はない。
前は恰幅のいい明るい奥さんが一緒に切り盛りして
いたが、今は出ていないか、お休みなだけか。
この日は、モーガン・フリーマンみたいな優しげな
おっちゃんが 笑 接客していた。



今回、高円寺はこれで満足だったのだが、ふと寄って
みたくなり、そこからごく近いおなじみの喫茶店
『アール座 読書館』へ踏み入れる。
ここも写真がないのが残念だが、是非画像検索など
してみて(爆)実にステキな内装が見れます。
ここは、おはなし厳禁(!)ひたすらサイレンスです。
キリマンジャロ(ポットサービス)を注文し、本棚から
『銀河鉄道999』の最終巻と、黒田硫黄の『大王』、
手塚治虫『シュマリ』などをチョイスし、机にて没頭。

『999』と『大王』は持ってるのだが、部屋が散らかる
うちに、紛失中(爆)しかしあらためて新鮮な驚きがある。
『シュマリ』は意外に、まだ読んでいない。今回もさわり
だけだったが、やはり同じ一昔前の北海道舞台で共通
点の多い後裔作ともいえる『ゴールデンカムイ』と比べる
と、特に女性観が全く違うように思える。手塚の描く
アイヌ女性はか弱くいかにも不幸であるのに対し、
野田の描くアイヌ女性は不幸な背景は持っていながらも
たくましく、したたかだ。
そういえば、先日その『ゴールデンカムイ』が、なんと
「漫画大賞」なるものを受賞!なされた。
まあ、長くなったのでそれについては、次回!

・・・なんだかんだいって、やっぱ東京好きだよなあ・・・








同じカテゴリー(えみし普通の日記)の記事画像
5月7日(日)
4月27日(木)
あらたな10年のために?
ならず者1号
東京への複雑な想い・・(まあ雑記です)
岩手冬名残の旅・・日記ノートより 前編
同じカテゴリー(えみし普通の日記)の記事
 夏のカゼ (2017-07-21 02:05)
 夏の自炊 (2017-06-29 19:08)
 6月も、大掃除 (2017-06-09 03:51)
 ライト・ノヴェル って何ですか?(書きかけ) (2017-05-11 22:59)
 5月7日(日) (2017-05-07 16:09)
 5月3日(水・祝) (2017-05-03 17:22)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。