QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
げん
げん
山形県鶴岡市生まれ。
札幌、東京と移り住み、放浪の旅をへて
東北回帰~ 奥羽越(えみしの国)を拠点
に危なっかしくも面白く生きます。

2018年01月11日

そして感想(いわゆるネタばれあるよ!)その1




私の人生における映画ベスト3は、
15歳ぐらいから30年以上変わることなく
@チャップリンのモダンタイムス(1936)
@荒野の用心棒(1964)   そして
@スターウォーズ(1977)   ・・・・・であります。

スターウォーズ第1作目は私が小学2~3年の時に鑑賞
はじめて英語というものを所謂SF映画で聞いたもので
これが「宇宙語」か!と思いこんだ、という記憶があります。
まあ、とにかく全てが衝撃的で、夢中でした。

そんな、まさに物心のしょっぱなに君臨したこの映画
そのほとんど40年後の続編ていうんですから・・・
しかも、役者がそのまま歳を取った姿で演じるという
前代未聞 たぶん今後もこんなシリーズはないんじゃないか
前作(EP7)で退場したハリソン・フォードはこれまでも
『インディ・ジョーンズ』『ブレードランナー』などで当たり役あり、
それぞれの続編で老後を演じてきたという経歴があります
(しかもスターウォーズ含めて全作で父親になってるという・・)
しかし、残る二人の主人公役 マーク・ハミルとキャリー・フィッ
シャーにとっては、その後ほかに当たり役はありませんでした。
まさに、二人にとっては『スター・ウォーズ』が人生そのもの、
仕事の全てだったといって過言ではなかったような
(いや、人の人生を勝手に決め付けてはいけませんが)

だから、本作での二人の主人公の再会シーンは、短いもの
でしたが涙なしでは観られないものでした。マーク・ハミルの
演じるルークがレイア姫、R2-D2、C-3POそれぞれに再会する
シーンが、ハリソンのハン・ソロのそれよりずっと感動的だった
のは・・まあ、ルークの方が皆にまんべんなく情が深かった、
という事でしょうかね。

本作は『スターウォーズ』シリーズの真の主人公、ルーク・
スカイウォーカーのための一本ですが、新世代キャラクター
では前作からの新主人公である女戦士・レイが輝いていて
敵の黒幕の懐での大立ち回りなどなかなか見応えがあります。
ルークの師・ヨーダが旧3部作以来の、CGではないパペット
(操り人形技術)での登場だった事、ミレニアム・ファルコン号
からの銃撃シーンで第1作目の名シーンでの名曲が流れる所
など、昔から観ているファンには胸の熱くなるシーンもいろいろ
ありました。

し・・・しかし!!あとがなあ・・・・・
とにかく、脚本が・・・・・よろしくなかったようで。

つづく!!はい




同じカテゴリー(えみし気になる世界)の記事画像
中二病について 爆 前編
俺たちはSFの中にいる
最近のゴールデンカムイ
そして感想(いわゆるネタばれあるよ!)その2
2018年、初映画て事で (前振り 長いよ)
せんぷうき が やってきた
同じカテゴリー(えみし気になる世界)の記事
 中二病について 爆 前編 (2018-09-12 22:02)
 俺たちはSFの中にいる (2018-05-11 00:05)
 最近のゴールデンカムイ (2018-01-28 14:52)
 そして感想(いわゆるネタばれあるよ!)その2 (2018-01-17 15:41)
 2018年、初映画て事で (前振り 長いよ) (2018-01-11 14:14)
 せんぷうき が やってきた (2017-07-31 23:21)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。